FC2ブログ
Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
小島慶子キラ☆キラを聞いた その3
「小島慶子キラ☆キラ」が始まって2ヶ月がたっのだが、今週からポッドキャストが増えたようでオープニングトークが聞けるようになった。
この辺は「大竹まことのゴールデンラジオ」のマネって感じもしないではないが、小島アナの魅力を伝えるには、フリートークを聞かせることはいいことではないかと思ったりする。

でその初日のフリートーク、話題はいきなり重かった。
25日が川田亜子アナの命日だったということで彼女の話題。
もう1年たったんですね。

彼女が死を選んだ直後、下世話な雑誌がゴシップ調に書いていた記事が散見できた。
それに比べて、同じ職場にいた人間が語った言葉というのはいかに重みをもった「言の葉」だったろう。
1年たって後輩の死に対して語る小島アナ、ありきたりな感想になってしまうが、すごく共感できた。

昨年、「日10」で直後に語っていた安住アナもそうなのだが、ラジオってこういう私的な話が結構フリーだ。
リスナーはこういうところでパーソナリティーの人間性に触れることができる。
こういうところがラジオのよさであり魅力なのだろう。

追記
4月のスペシャルウィーク、「キラ☆キラ」は文化・ニッポン両局に勝てなかったようだが、次回のスペシャルウィークのプレゼントは超ビックリの「1日10万円をお一人様に」だそうだ。
完全な「ニンジン作戦」なのだが(笑)、さすがにこの直球のインパクトはあるぞ。
さて結果はいかに・・・。
スポンサーサイト


2009.05.30 Sat | テレビ&ラジオ | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。