Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
大矢監督が辞めればすむ話ではないっ!
「歴史は繰り返す」
ベイスターズの監督でいい去り方ができた人ってもう何年ないのだろう。
(もっともいい去り方ができた人の方が圧倒的に少ないのだが)

あえてソースは引っ張ってこない。
大矢監督が「無期限」休養で事実上の解任ということになった。

ココまでの成績をみるにつけ、更迭も致し方ないところではある。
大矢監督という人はどうも明確な采配方針がないようにみえて仕方なかった。
古くは尚典再生計画、那須野に対するこだわり、なぜココでこの采配なの?と思うことは多々あった。

ただ、この成績ってある程度予測がついた話じゃないのかって思うのだ。
ロクな補強もしない、長期的なチーム展望もない。
場当たり的なことしかしてこなかった球団フロントこそ諸悪の根源と断言する。

で、監督代行となった田代2軍監督。
この人にとってもあんまりいい話ではない。
せっかくの生え抜き、もう少し大事に扱えんもんかね。

でも仕方ない。
もうここまできたら監督の采配に四の五の言うまい。
今年は捨てよう。
来年以降、きっちりと勝負できるチームにするために。
山口の抑え確立、どんぐりのせいくらべの若手の放牧、ベテランと一線スタートのポジション争奪。
ついでに高木由一2軍監督代行と駒田コーチをいれかえて、由一をヘッド兼打撃コーチにしよう。

2010年、横浜開港151周年(笑)に向けてチーム改革をきっちりやってくれることを心から望む。



スポンサーサイト


2009.05.19 Tue | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。