FC2ブログ
Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
「漢委奴国王」の読み方
先ほど「熱血!平成教育学院」をみていてビックリした。
こういう問題があった。

「漢字で書きなさい」
福岡 志賀島で出土の金印
「・・・国王」

答えは言わずと知れた「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」印である。
が、問題なのはその解説。

「委」は「倭」の略字で日本のこと、「奴」は「属国」という意味だそうだ。
つまり「漢の国の属国である日本の国王」ということである。

ココ重要なので番組HPからその問題の解説を抜粋してみる。

1784年に福岡県志賀島で発掘されました。西暦57年に漢の光武帝が日本の国王に贈ったとされています。
現在では、
「漢の国の属国である 日本の国王」
と解釈されています。



エエーッ、今ではこんな解釈なの。
あたしの知ってる歴史では、
①「漢に朝貢する倭の奴国の王」
②「漢に朝貢する委奴国の王」
という意味だったはず。

あわててウィキで検索。(まぁウィキが全面的に正しいとは言わないが)
すると、このような記述になっている。(ちょっと長いが引用)

3行にわけて篆書で「漢〈改行〉委奴〈改行〉國王」と刻されている。

「委」は「倭」の減筆、つまり「委国」は「倭国」と解釈され「漢の倭(委)の奴(な)の国王」と訓じるのが通説である。一方、「委」には「まかせる」の意味があり、「倭」の減筆か疑問視する声もあり、

「漢の倭(委)の奴(な)の国王」説 - 落合直澄、三宅米吉など
委奴を「いと・ゐど(伊都国)」と読み、「漢の委奴(いと・ゐど)の国王」と訓じる説 - 藤貞幹、上田秋成、久米雅雄、柳田康雄など
という論がある。

倭と奴の発音は

倭 - 上古音 uar 中古音 ua 中世音 uo 現代音 uə
奴 - 上古音 nag 中古音 no(ndo) 中世音 nu 現代音 nu
であり、漢代の漢字音(上古音)では奴をド、トとは読めないというのが定説である。 上古北方漢音(漢代の方言)が存在したとして、奴を「ど」と読む久米雅雄説もあるが少数説である。

古田武彦は、「漢」の「倭奴国」の「王」と読み、漢の家臣である倭奴国王(倭国王)の印綬とするが、学術論文として提示された説ではなく、研究者による検討、批判の対象とはされていない。



あーよかった、あたしの認識で正しかった訳である(笑)。

つまり番組では「研究者による検討、批判の対象とはされていない説」を採用したということなのだ。
何か釈然としない。
公共の電波でこの解釈でいいのだろうか。


スポンサーサイト


2009.04.26 Sun | 歴史 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。