FC2ブログ
Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
そもそも騒ぐ話じゃないでしょ
もうひとしきり騒ぎになっている話なので、何を今さらというところでもあるけれど、かなり感じたことがあるので書いておきたい。
(ぶっちゃけ昨日一昨日と左肩が痛くてまったく動かずブログどころの話じゃなかった。もちろん四十肩ではない。)

「草剛逮捕問題」についてである。

最初にこの件を知ったのはYahooのトップニュースでだった。

SMAP草なぎ剛、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕4月23日9時9分配信 産経新聞

この表題をみて思うことって最初に思ったのは、「誰やっちゃったんだよ」的なことだった。

「公然わいせつ」と「強制わいせつ」がごっちゃになってたんでしょうね。
っていうか普通そう思うでしょ。

で詳細をみて驚いた。
酒飲んで裸になって公園で大声を上げていた「だけ」だったからだ。

もちろんほめられた話ではない。
でもこれって微罪でしょ。
っていうか一般人なら説諭レベルの話。
こんなのいちいち逮捕してたら新宿や新橋の留置場はすぐいっぱいになってしまう。

そしてその後の報道ときたら、まるで極悪人かのような大騒ぎ。
それも警察情報垂れ流し。
曰く、
「大暴れした」ってどの程度の暴れ方なのかまったく分からずイメージだけ落とすよね。
「『しんごー、しんごー』と叫んでいた」「『裸だったら何が悪い』」って酔っ払いならそうなるでしょ。
「呼気アルコール濃度は・・・。これは酒気帯び運転の・・・をはるかに超える」って別に運転してた訳ではないのだからこの比喩はいかがなものか。それとも何か?、この国には通常時にも飲酒量の上限があるというのか。

挙句の果てにはこの発言。
鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」4月23日12時35分配信 産経新聞

「事実であれば、めちゃくちゃな怒りを感じている。なんでそんな者をイメージキャラクターに選んだのか。恥ずかしいし、最低の人間だ。絶対許さない」



「絶対許さない」というところに「お前何様だ」と言いたいのだが、それはおいといて(笑)、大酒飲んで裸になって大声で叫ぶことが「最低の人間」とこきおろされることだろうか。
この後、さすがに抗議にビビったのだろう、「最低の行為だ」と言い換えたが、全然言い換えになっていない。
だったら国際会議の公式の席上で酩酊(たとえ薬のせいであろうが)して世界中に配信された某大臣なんて人間失格じゃん。
当時それを言ってない鳩山総務相にいう資格なんてない。
地デジ大使の件で関われる立場にあったといえ、それは民事上の話であって(これはすべての出演作品・CMについても同様である)、刑事事件としてみた場合、間違いなく微罪である。
もちろん微罪であろうが罪は罪なので、それについては法にのっとって処理をすればいい。
まぁ、いっても起訴猶予、普通はお説教レベルだろうが。

家宅捜索をされたというのは、昨今話題の芸能界薬物汚染を疑われたのかもしれない。
それが事実かどうかはさておき(というのはそれでは別件逮捕になってしまうから)、考えてみれば芸能人の麻薬での逮捕でここまで騒いでたか、マスコミということである。
どう考えても基準を履き違えているとしか思えない。

何にせよ、今回の件で私たちに残った想いとすれば、
「警察とマスコミによる1人の人間のつるし上げ」だったということ。
平気で個人の生活を断ち切るだけの権力をもっているということ。

本人の脇の甘さ(民事問題としての)はあったにせよ、これは公開リンチだと思うのだ。

ちなみにアタシの酒の上の大失敗NO.1。
かれこれ10年以上前か、四国勤務時に高知の得意先の忘年会に出席した時のこと。
席上、新人のメーカーセールスの女子に酒を強要する得意先のセールス。
義憤に駆られて飲み比べを申し出るアタシ。
お銚子を二人で60本以上明け、その7割がアタシが飲み干す。
最終的に向こうに「参った」と言わせて無事落着。
ホテルに戻って就寝・・・と翌朝起きてみるとスーツのパンツの右足がズタズタのボロボロ。
「???」
とにかくチェックアウトしようとフロントに向かうと、そこで止められる。
えー、このホテル、半地下にボイラー室がありまして、そこの窓ガラスが割れているとのこと。
で、現場には財布が落ちていて(というか散乱していたらしい)・・・。
でココから先は推測。
ホテルに帰って間違えてボイラー室に転げ込んだアタシは光が見える窓ガラスを蹴破って外に出てもう一度ホテルの入り口から入ったらしい。
それが結構大きいガラス(縦長で特殊っぽい)ということで弁償として5万円請求されたのだ。
こちとら記憶も飛んでるし、動かぬ証拠があると言われれば観念せざるをえない。
しかもボロボロのスーツじゃ仕事にもならず逃げるようにして家に帰ったのだ。
そしてその一件はあっという間に業界に知られ、それ以来どこにいっても「豪傑だねぇ」と言われることになるのだった・・・。
スポンサーサイト
2009.04.26 Sun | 多事暴論 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。