FC2ブログ
Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
右も左も動脈硬化だね
29日未明に放送された「朝まで生テレビ」のテーマは「田母神論文」についてだった。
録画してみたのだが、ぶっちゃけた感想をいえば「グダグダ」だった。

右も左も、話を矮小化ならぬ矮大化(?)して都合のよい論を述べるばかり。
特に西尾幹二はもう老耄しているとしか言いようがない。
言うに事欠いて「戦後の方が言論統制されている」だもんね。
GHQによって絶版させられた本のリストを羅列していたが、じゃぁ戦前にどれだけ言論統制されていたかについては一つも触れないんだから。
左は左で、トンチンカンな話ばかり展開するものだから本来の論旨から外れる外れる。
森本敏氏と姜尚中氏の対論にした方がよほどましだったのではないかね。
個人的には森本氏の話が一番バランスがよかったと思う。

日本の思想家は何で極端な連中しかいないのか理解に苦しみます。

さて田母神論文に関する問題点は、
・自衛官は政府見解に反する意見を公式に述べることは、文民統制に反するか?。
・田母神論文の歴史認識は正しいか?。

の2点に尽きると思う。

前段に関していうならば、政府見解に反する意見を公式として述べることはいかがなものかと思う。
言論の自由云々を言う前に次の例を読めば簡単に理解いただけると思う。

行政裁判中の事例で政府の管掌担当官庁のトップが「原告の言うことは正しい」と記者会見で発言した場合、どうなるか?。


常識的に考えればその段階で裁判は負けでしょう。
個人的意見でいったと言われても、公式に言ってしまえば適格ではないことは明白なこと。

まったく同じことが今回の問題でもいえる。
もっとも内容そのものではなく発言そのものが問題なのであり、内容は別の話だとは思います。
そして彼自身はそのリスクを負うことを認識して発言したはずであり、それを認識してないとすればそれ自体、資質を疑うけど(笑)。

後段の問題についていえば本文を読んだら分かるのだが、陰謀史観まるだしなのよね(笑)。
「日本だけが侵略国家ではない」というのはその通りだと思うし、「いつまでも謝り続けることはない」というのもその通りだと思う。
だから「あの戦争は誤りではない」というのは論理の飛躍であるし、むしろ被害者だというにいたっては失笑ものである。
ましてや当時の日本の指導者層を持ち上げるにいたってはもう末期的症状としか言うほかない。
東京裁判の有効性云々は抜きにしてホントバカな連中が日本を戦争にもってったとしか言うほかはないでしょ。
日本が中国・朝鮮半島において内地化を推進したのはその方が「皇国化」しやすいと考えたからでしかないし、インフラを進めたのも別に現地のためを思ったからではなく、ただの政策であるだけのこと。

植民地支配については日本だけが非難される筋合いのものではないが、「遅れてきた列強」だった戦前の日本は、何ら欧州各国と変わらないことをしていたのである。
そこに「よい植民地支配」と「悪い植民地支配」があるわけではない。
ちなみに第2次世界大戦が仮になくても早晩各地で独立運動は起きていただろう。

都合のよい論理で組み立てた話と陰謀史観と変なナショナリズムがごっちゃになった文章(論文という代物ではない)というのが、アタシの感想である。
仮にも空幕長という立場にある人間が書くようなレベルの文章でないことだけは言える。

もしこの思想が自衛隊内で広まっているのなら、それは危険な兆候といわざるをえない。
ただアタシはそこは楽観視している。
沙音里さんという元自衛隊のシンガーソングライターがこう発言している。
「現場の自衛隊員は単純に国のため、国民のためを思って仕事をしている。もっと自衛隊のことを知ってもらいたい」
小難しい理屈を並べる思想家たちはこの言葉を聴いて少しは反省した方がいいと思うのだ。
スポンサーサイト
2008.12.01 Mon | 多事暴論 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。