FC2ブログ
Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ありがとう!
我がベイは本拠地最終戦。
何らかのアクションはあるだろうと思っていた。

<横浜>本拠地最終戦を勝利で飾る 阪神は一度逆転も4連敗

球団から今季限りの戦力外を通告されている横浜・石井琢と鈴木尚が本拠地最終戦で、ともに途中出場しファンから大きな声援を受けた。現役続行を希望している石井琢は「ありがたかった。いろいろな人に感謝したい」。鈴木尚は「今までで一番の歓声だった」とうれしそうな表情を見せ、去就については「そう長くはかからないと思うけど、もう少し考えたい」と話した。



琢朗も尚典もアタシと同世代。
90年代後半のあの黄金期の活躍は忘れられない。
琢朗・波留の1,2番は最高だったし、尚典のバッティングは神業だった。

ハマスタWAVEを観ていて涙が出そうになった。
「ターカノーリ、ターカノーリ、ターカノーリ」
そして琢朗の打席時の大歓声。
ベイスターズを代表した2人の大打者に対しておしみない歓声。
「横浜での」幕引きとしては最高だった。

そして・・・
エピローグ(琢朗ブログ)
リンク先の尚典と琢朗の並んだ後姿。「5」と「51」の背番号は見納めになる。

一応、終止符は打ちましたが、まだ終わりじゃなく、始まりなんでね。


横浜での二人の時代にとりあえず幕を降ろします。



しかし、琢朗は進路を決めたようだ。
こうなったらアタシも琢朗の生き様をこれからも追いかけていく。

そして尚典、あなたの「球道」が終わるのか、そうでないのかはまだ分からない。
でも2人にはなむけの言葉を贈りたい。

ありがとう!。
そしてこれからも頑張れ!。

スポンサーサイト
2008.10.12 Sun | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。