Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
「魂」の実況を聞く
ブログ更新が1ヶ月以上もたってしまうのは、開設以来初めてのことだった。
三沢さんの死から1ヶ月、哲学的にいうならば「それでもプロレス界は回っている」のだ。
潮崎のGHC初戴冠、G1での真壁の優勝、火祭りの崔の優勝と、ちょっとではあるが時計の針が進みそうな予感も感じられる。

世間的には衆議院解散総選挙だったり、押尾学から始まった芸能界の麻薬汚染の序曲なのだろう。
いまだにスポーツ紙、週刊誌では酒井法子ネタがわんさかと出てくる。
ま、この辺の話はオイオイ別のエントリーで書かせていただくとして、とりあえずブログ再開します。

で再開第一弾として選んだのは、これ。
『若林フリー健治の胸突き八丁!十番勝負!!~その二~』というイベント。

またしてもプロレスネタである。
プロレスファンなら必ず知っているであろうこの名前。
若林健治さんとは元日テレのアナウンサーでプロレス中継で活躍した方である。
紆余曲折あって今はフリーで活躍されている。

その若林さんがいまだに・・・というかずーっとプロレスLOVEなのだ。
で今回のトークイベント(実は2回目)が開催されたと言う訳。

内容については前半がトーク。後半は過去の試合のDVDをみながら若林さんが実況をつけていくという形。
どの試合なのかは著作権のからみもあるので詳細は避けるが、某ドーム大会のメインである。
で、この試合、当時もみていたはずなのだが、セミの方に話題を独占されて、あまりいい試合ではなかったような記憶があった。
今回、改めてみてビックリしたのが、スイングはしなかったかもしれないが、えげつなさは恐ろしいほどあったということだった。
よく試合が成立したなと思えるほどなのである。

閑話休題。
で久しぶりに聞いた若林さんの実況。
もしかしたら当世風ではないのかもしれない。
でも間違いなくそこには「熱」があった。

多分、アタシがドップリとプロレスに浸かっていた頃に持っていた熱。
今でも残り火はあるけれど、若干斜に構えるようになっていたかもしれない。
ところが50を超えた若林さんがいまだにカッカと熱を持った実況をしているのを聞きながらその頃の熱を思い出したのだ。
「プロレス」というジャンルが「冬の時代」と呼ばれて久しく、いまや「極寒の時代」ともいわれている。
でもこの熱を一人ひとりのプロレス者が思い出せば、凍てついた大地も溶けるような気がしてきた。

いやぁ、それにしてもいいイベントに参加できて幸せでしたね~昭和のプロレスファンとしては。


スポンサーサイト
2009.08.24 Mon | プロレス | T:0 | C:0
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。