Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
はじめてのボランティア
先日のはじめての「オフ会」に続いて初体験の話になる。

全盲の方々をサポートして映画を楽しんで頂くという企画、「視覚障害者バリアフリー映画鑑賞会」。
今回の映画が「大決戦!超ウルトラ8兄弟」ということで、主催者の方がmixiの8兄弟コミュに告知をされたのだ。

せっかくのウルトラ映画、日頃ボランティアなどというものとは縁遠い生活を送っているアタシも、ここはお手伝いさせて頂かねばと思い、参加を決めた訳です。
(ここんとこのアタシ、オフ会といい今回といいずいぶんアグレッシブだねぇ)

スポンサーサイト
2008.09.29 Mon | その他 | T:0 | C:0
王監督、お疲れ様でした
王監督 監督生活に終止符…会見で「私は幸せでした」(毎日新聞)

アタシがホークスを生で観たのは99年の日本シリーズ、ナゴヤドームでの胴上げ試合だった。
まわりじゅうがドラゴンズファンで、特にアタシのまわり(=会社の同僚)は酒の勢いもあって半ば暴徒と化している状態だったので(笑)落ち着いては観られなかったのだが、胴上げの瞬間はホロッときたのを憶えている。

万年Bクラスのチームを任せられてもどかしかったこともあったろう。
大負けで生卵をぶつけられたりしたこともあった。
しかしこの球団はすごかった。
中内オーナーの熱意に根本さんの卓抜なチーム編成。(思えば二人とも鬼籍に入られているのね)
それが結実したのが99年だった。
それから先は常に上位を競い合えるチームになったのだから。

そしてホークスは地域密着型で成功した球団経営の先駆け的存在でもある。
これ以降、ファイターズ、イーグルスと地域に根ざした球団が増えていく、そういう意味でもエポックメーキングだった。

14年もの在任年数は昨今の球界から考えると超異例な出来事だった。
何せオギャーと産声をあげた赤ん坊が中学2年生になるのだ。
若いホークスファンはホークス=王監督としか思えないんじゃないだろうか。

2年前に胃がんを患ってからは、チーム状況も下降線をたどる中しんどかっただろうと察せられる。
それにしても今年の成績は不甲斐ないものだった。
我がベイとは選手層が違うはず・・・でもそれが機能しなかった。
選手も世代交代の端境期だった。
ホントは優勝を花道にしてほしかったが勝負は時の運である。

今はただ、こう言うしかない。
王監督、お疲れ様でした。
体をいたわってもらって、大所高所からプロ野球を見守ってください。

2008.09.24 Wed | 野球 | T:0 | C:0
プロレス温故知新 猪木VSゴッチ

新日本プロレスの旗揚げ戦ですね。
ニコ動でアップされていたのでじっくりと観てみた。
過去にも観てたかもしれないのだが、改めて観てみると非常に興味深い試合だった。

1.ゴッチのプロレスはヘタではなかった
欧州のレスラーにありがちなベタなショーマンシップもなく、非常に自然なファイトでした。
(アレは非常にいただけない。ロビンソンなんかそれが特に鼻につくのだ。)
っていうか流れるようなチェーンレスリングできてるじゃん。
猪木に花を持たせるつもりだったのかは分からないが、少なくとも「アメリカで干されていた」様なファイトには見えなかったなぁ。

2.猪木の顔が輝いていた
今の金まみれの顔とは段違い(笑)。
こんな純粋な猪木の顔ってここ十数年観たことないや。
倍賞美津子(前の奥さん)から花もらった時のはにかんだ顔、試合後のさわやかな笑顔、こういう時期もあったんですねぇ・・・。
体もアタシのリアルタイム時とは全然張りが違うし、技も地味っちゃ地味ですが惚れ惚れしました。

3.シンプルイズベスト
ほとんどロープワークもなく、飛び技も猪木のドロップキックくらい。
投げ技(の大技)にいたってはゴッチのジャーマンと最後のリバーススープレックスくらいなもん。
それで大概は腕・足の取り合いなんですが飽きさせないのね。

他にも、藤波辰彌が若かったとか、倍賞姉妹は美人だったんだなぁとか細かい話はあるものの(笑)、割愛。

時代は確かに違うが、今のプロレスラーも見習った方がいいところが一杯詰まっている試合だったと思うのだ。
何も危険な大技に頼るでもなく、ハイスパートするわけでもないこの試合ではあるが、これからのプロレスにとって何か重要な問題を投げかけているような気がする・・・。

2008.09.23 Tue | プロレス | T:0 | C:0
幸せは忘れた頃にやってくる?
週末、ゆうちょ銀行から手紙が届いていた。
アタシは横浜銀行だから関係ないよなぁなどと思いながらあけてみると思いがけないものが入っていたのだ。

クイズの当選金の払出票

「振替払出証書」?、18,000円?、何じゃそれ。
アタシゃ支払うものなんかねえぞ・・・ってコッチがもらえるのか。

よくみると送り主が「TBSラジオ&コミュニケーションズ」だ。
横を見ると「ストリーム」7/21放送となっている。
つまりアタシが応募したのが当たった訳ね。
がその内容がトンと思い出せない。
でバックナンバーから調べてみると・・・。
黒田清の新東京オッズメーカー

2008年07月21日(月)のテーマ

ストリーム 夏コレスタート記念!“サザンビーチちがさき”で海水浴客に聞いた夏になると聴きたくなるサザンの曲、第1位は何?

1.本命 「チャコの海岸物語」 <オッズ6倍>(オリジナルメンバーの数)
2.対抗 「勝手にシンドバッド」 <オッズ12倍>
3.大穴 「その他の曲」 <オッズ18倍>

答えは・・・
結果は大穴でした。一番多かった曲は「真夏の果実」でした。



でオッズ×1,000円が1人に当たるという、その1人に当選したらしい。
思い出したぞ、営業車で運転中に聞いてて、コレ結構簡単な気がしたもんで携帯から応募したんだった。
いくら茅ケ崎ったって「チャコの海岸物語」や「勝手にシンドバット」はないでしょう、古すぎる。
そりゃ「TSUNAMI」でしょう・・・って曲名違うやん(笑)。

ま、ありがたく18,000円いただきます。
幸せは忘れた頃にやってくる~ってか。

2008.09.22 Mon | テレビ&ラジオ | T:0 | C:0
酒にまつわるエトセトラ
某所に触発されて(笑)アタシの酒's historyなどを書いてみたくなった。
いい歳になっているので当然酒にまつわるエトセトラはかなりの数あるのである・・・。

酒との最初の出会いは、小学生の頃で多分ファミレス。
当時、ビールが茶色のグラスに入っていたのを水と勘違いして飲んで苦かったのを憶えている。

本格的な邂逅は大学生になってから・・・といいたいところだが予備校時代だった。
当時(80年代末期)はプールバーが流行っていて、予備校帰りに立ち寄ったものだった。
(アタシは『私立文系』の予備校に通っていて女子比率が多かったこともプールバーに限らず夜遊びに駆り立てる何かがあった訳だが(笑))

そしてめでたく大学生。
ここで酒lifeが花開く(笑)。
クラスにサークル、バイト先、いたるところでの飲み会・コンパを繰り返すことになるのだが、ご他聞にもれず最初の頃は粗相をすることになる。

新宿駅の京王線の降車側のホームに寝転がされて、担がれるように載せられて気がついたら(下宿の)友達の家なんてこともあった。
はたまたサークルの旅行で先輩に「酒買ってこい」といわれて宿の外に出てみれば、そこは石川県の山奥の温泉場、コンビにはおろか酒屋もあるわけがない。
とりあえず呼んだタクシーの運転手のなじみの店でオールド2本を1万円で買ってくる(考えてみれば超ボッタクリ)ようなこともあった。
元々、酒には強い体質だったらしくそのうちにちょっとやそっとじゃひっくり返らなくなりましたが(笑)。

でこの頃飲んだ酒といえば基本安いチェーン系居酒屋メインだったのでビールかチューハイがメイン。
たまに下宿の友達の家で部屋のみする時に並行輸入のアーリータイムスジャックダニエルカティーサークなんかを飲んでいた。

就職していきなりの初任地が広島。
ここではじめて社会人の飲みってヤツを経験することになる。
スナック(広島ではスタンドともいう)初体験である。
お供でいく分には結構高級なところもいったし、同僚同士でいく分にはまぁピンキリ(笑)。
会社が宇品にあったので、中心部で飲んでても歩いても30分あれば帰ってこれたのでよく午前様したりして・・・。
なじみの店を何件も作ってましたもんね、あの頃は。
元カープのピッチャーがマスターしてる店とか(そこで横浜関係者と知り合い大魔神・尚典・琢朗の直筆サインボールもらったりして)。
ほぼ間違いなく給料の7割がた飲み代に消えてたような・・・。
忘年会シーズンなんて全ての部署別の忘年会に参加して週6で飲んでましたから。
この頃のメインはご他聞にもれずウイスキー
会社員の洗礼のようなもんですね。
ただし個人的にはスコッチがダメなのでプライベートでは学生時代に引き続きバーボンでした。

3年弱いた広島から山口に転勤。
事務所の前の川ですっぽんが獲れるような自然味溢れた環境であたしの酒lifeは広がっていく。
ココでめぐり合ったのが五橋
ホントうまい酒です。
コレで日本酒に目覚めましたね。

そして高松、松山と1年ちょいずつの転勤を経て名古屋に異動に。
この間に変わったことといえば三十路をこえたってこと(笑)。
そして格段に酒が弱くなった(大笑)。

当時、好きだった女の子と飲んでて酔わせようとしてたら逆に酔わされてしまったとか・・・。
(3軒目、カードで精算のサインがどうみてもウルトラサインにしかみえなかったとか(笑))
高知に泊りがけの出張に行き、夜の宴会で飲み比べ(絡まれていた女性に助け舟を出して代わりに)に巻き込まれ、お銚子48本の熱燗を飲み干したまではよいが、記憶を失いホテルのガラスを蹴破ったとか・・・。

で名古屋。
この頃から焼酎党に。
体を考えると、そして飲む量を考えると焼酎にせざるをえない。
(大概一晩でロックでボトル1本は空けますから)
なじみのお店の1軒は五橋も置いてもらってて体力がある時はそちらの方に。
その店には地酒の銘柄が多く置いてあってリクエストも受け付けてくれたんですよ。
ただしケース単位=6本がミニマムなのでそれは責任もって飲まなきゃならない。
五橋のほかには澤乃伊もリクエストしておいてもらってました。
でも大概焼酎でしたね、やっぱり。

通算10年弱勤めた会社を辞めてコッチに戻ってきてからは、酒自体の量が減りました。
車通勤だったり、長距離の電車通勤だったりするのがその理由。

ただ茅ケ崎に勤務してた時に気に入っていたのが、芋焼酎。
駅南口に鳥料理専門店があって、そこに芋焼酎ばかり50種類以上あってしかもグラスで飲めるので結構ひいきにしてました。
黒丸宝山あたりだけでなく結構マイナーなのも好きでした。
それでもロックで飲むのは昔から変わらんね。





2008.09.21 Sun | ひとりごと | T:0 | C:0
観にいこうかいくまいか、それが問題だ・・・(笑)
最近、会社の人がみてるやらみてないやらで、極力普通のことしか書いてこなかったがもう限界である(笑)。

一昨年、すっかり夢中になってしまった「ウルトラマンメビウス」。
昭和ウルトラ世代のツボを押さえた作りは何度鳥肌をたてたことだったろうか。

で、新作映画。
「大決戦! 超ウルトラ8兄弟」である。

正直、平成ウルトラってリアルタイム世代じゃないんですね。
(といいつつティガは観てたような気もするが(笑))
でも観てみたい、劇場で!。

前作も散々考えた挙句に劇場では観ずじまい。
DVDでの鑑賞と相成った訳ですが、今回はぜひとも大スクリーンで観てみたい。

そこで問題が発生するのだ。
それはアラフォー男子が1人で観にいける映画かということ。
アタシゃシネコンのチケット売り場のお姉さんに「『大決戦! ウルトラ8兄弟』のチケットください」とは
よー言わんよ。
(この間の「寝るまでまって」オフ会の予約名をいうのも大概恥ずかしかったが)

さて、どーしたものか・・・。

2008.09.16 Tue | ウルトラマンメビウス | T:0 | C:0
人間、不便な時代には戻れない・・・
先週1週間、携帯の調子がおかしくて修理に出してました。
で代機をもらったのだが、その代機が2機種前の代物。
アタシはSH902iSを使ってたのが、T700(だったと思うのだが記憶消失。まー700番台は間違いない)になってしまって使い勝手が悪いこと。
アプリは内蔵ソフトしか使えなくなってるし、機能そのものも非常に不親切。

確か今の機種に切り替えた2年前はもっと古いのだったような気がするので、その間に便利になってしまったのに慣れてしまっていたのか・・・。

考えてみれば携帯をはじめて買ったのはちょうど10年前。
決して早い購入ではなかった、がそれまでは何の痛痒も感じてなかった。
仕事ではポケベルがあったし、プライベートもそんなに必要なかった。
が、一度持ち出したが最後、いまや切っても切り離せないほど。

人間って一度便利に慣れちゃうとそう簡単に昔には戻れないのよね・・・・。

2008.09.15 Mon | 日々の風景 | T:0 | C:0
世紀の茶番劇開幕 その2~総裁選~
たかだか1公党のトップを決めるのにマスコミが寄ってたかって報道している。
大体この選挙、公職選挙法に基づかないから何やってもいい訳だし、公平に行われる保証もない。
とんだ茶番である。

とはいえ、総裁候補といわれる5人の候補者が一堂に会してのニュースショー行脚である。
ながら視聴ではあるがみてみたのだが・・・。

ヒドスギル・・・。

耳障りのよい言葉と民主党批判のオンパレード。

曰く、別に無投票再選だから非民主的で乱立しているのが民主的だという訳でもないのに、民主党は独裁であると言わんばかりのセリフ。

曰く、国民政党だからこそ「良薬口に苦し」的なことを言う、財源の裏づけのない公約をいう民主党はいかがなものか・・・。

いやね、あきれかえりました。
戦後60年のほとんどが自民党政権な訳で、とすれば今のこの危機的な状況を招いたのはは一体誰なのさ?。
そりゃ自民党の政治家たちでしょ。
消えた年金?、無駄な公共事業?、ぜーんぶ自分たちがばらまいてきた結果じゃない。
巨額の国の借金を減らす?、増やしたのは誰なのさ?。

その辺の総括もなしに、国民政党なんていってほしくない。
上げ潮だ、財政再建だ、財政出動だ、言う前にそこについてキチンと述べてほしい。

マスコミはもっと突っ込めよ。
このままじゃただの自民党の宣伝番組だ。

2008.09.11 Thu | 多事暴論 | T:0 | C:0
世紀の茶番劇が開幕 その1~福田首相辞任~
世間の話題は福田首相の投げ出し辞任から総裁選という流れですね。
書きたいネタではあったのですが、個人的にはオフ会参加の件で頭一杯だったので(笑)、考えをまとめる時間がなく事ココに至りました。

つーことで、多事暴論。

福田首相の「存在の耐えられない軽さ」

総理大臣の重責ってのはいずこに。
「ハイ、やめた」で済むならこんな気楽なことはない。
またもって理由がスゴイ。
「民主党の小沢代表が話を聞いてくれなかった」
1年前のデジャブかと思った(笑)。
まさか2代続けてこんな子供じみた理由で辞めるとは。

大体、総理大臣変わりすぎだろう。
平成の御世にはいってから総理大臣は12名(竹下内閣は昭和にカウント)いるのだが、そのうち5年5ヶ月が小泉純ちゃんなのである。
ということは、残りの14年7ヶ月で11名ってことになる。平均在職1年ちょいってとこ。
これで全うな政治ができる訳がない。

完全に自民党の耐用年数は過ぎたといわざるをえないね。



2008.09.08 Mon | 多事暴論 | T:0 | C:0
はじめてのオフ会
ドーレミーファソラシド・・・とくれば「はじめてのおつかい」だが、残念ながら(?)そっちではない。
生涯初の「オフ会」なるものに参加したのだ。

ちなみに「オフ会」とは、

ネットワーク上(オンライン)のコミュニティ(ネットニュース・電子掲示板・チャット・メーリングリスト・SNS等のインターネットコミュニティ、MMORPG、またはパソコン通信・草の根BBS等)で知り合った人々が、ネットワーク上でなく(オフライン)現実世界で実際に集まって親睦を行うこと。オフ会(オフかい)、オフミ、オフ等と略される。(毎度のWikipediaより)



アタシのイメージの中ではアニメ系の感じがしていたけど基本的には何でもありなわけだ。

で、何ゆえオフ会に参加することになったかというと、まさに通勤形態が変わったからだった(笑)。

通勤列車 その1~通勤のお供~ ←過去記事参照のこと。

ま、色々なポッドキャストを通勤中に聞いているのだが、その中にこういうポッドキャストがある。

「寝るまでまって・・・」

『25時のピロートーク』と銘打っているのでさぞやエロ話ばかりと思いきや、そんなこともなく(いや若干以上あるはあるんですが)、非常に知的な感じでお気に入りだったのです。
さらにMCのくむさんのダンディな声、白さんの色っぽいハスキー声に惹かれて愛聴してたんですが、それの初のオフ会が新宿で開かれることになったのですわ。

でmixiでのコミュから出たこの話に勢いで参加を表明してしまったのですね、アタシは。
実は参加表明した後に後悔したんですよね。
1人だけ浮いてたらどうしようとか、もっといっちゃうとオタク的な集まりだったらどうしようとか(笑)。
ま、最後は「後は野となれ山となれ」の精神でキャンセルせずに当日に。

8時開始で会場に着いたのが7時45分。
結構和風で落ち着いた感じのお店です。
入り口で「予約してるんですけど・・・」と告げると当然のように「ご予約名は?」と聞かれる訳で、
「寝るまでまって・・・オフ会で・・・」といった瞬間の恥ずかしかったこと。
多分、この日一番恥ずかしかった(笑)。

で予約の部屋に着くと、そこにいたのは・・・・2名のみ。
mixiの管理人さん(主催者ではありませんし番組関係者でもありません)ともうひとり。
で皆さんはなれて座ってらっしゃる。
アタシも空いている一方の隅に着座(笑)。
ちなみに次にきた方も残った一方の隅に(笑)。
アタック25か。

ま、その後ボチボチ集まり始めて、そうなると喫煙者、非喫煙者と自然に区分けができたりして人との距離が縮まってきます。
会話もボチボチ始まりました。アタシも(まあ全員ですが)オドオドながら会話に入ります。

で15分程度スタート時間に遅れて入ってきたのが、本日の主役であるMCのお二人。
(ちなみにこの日は撮影録音禁止でしたので写真は一切ありません)
声で一目(?)で分かりました。
が想像とかなりイメージが違う・・・、くむさんはナイスミドルを想像してたらアタシと同年輩っぽいし、白さんはアダルティな感じだと思ってたらどちらかといえばファニーな感じ。
(閑話休題、ラジオもそうですが音声のみって想像力をかき立てられるものなんだと実感しました。
ってことはリスナーの数ほどイメージが存在するんだなぁ)

さて、人数も出揃ったところでオフ会という名の飲み会スタートです。
一応初対面ということでHNをシールに書いて胸につけてますが、ほとんどHNなんて呼ばなかったんじゃないかな。
お酒の力は偉大で、はじめて会った人同士なのにだんだん盛り上がってきました。
こうなるとアタシは持ち前のずうずうしさを発揮して、態度がでかくなる(笑)。
いや、しゃべるしゃべる。

宴席中にポッドキャストを2本収録して、告知済の白さんの○○○服のコスプレ披露(ココだけ聞くとヲタの集まりみたいですね)があったりしましたが、基本的にはイベントというより飲み会。
くむさんのお話は非常に面白かったですし(マジ話がホントに笑えないくらいマジでした。そうそうわざわざこのために上京されたことを聞き、ホントお疲れ様でした。)、白さんの性格はポッドキャストどおりだというのも(笑)よく分かりました。

最後に白さんからポストカード(なんと白さんのセルフ(?)ヌード。もちろん加工してあってエロくないです)を頂いて終了。
終わって駅に行く途中で、握手してもらえばよかったと気がつきました。

で最終のレールウエイ(要は帰宅向けのロマンスカー)で帰路に。
ハイ、はじめてのオフ会無事終了です。

参加した感想?、アタシはホント楽しかったですよ。
次回もあればぜひ参加したいですね。

2008.09.06 Sat | 相模国NEWS | T:0 | C:0
情けないのは選手だけじゃなく采配もだ!
ハイ、見事な大敗です。
ここんとこ若干では歩けど調子上向きと思ってたら、巨人に3タテ、ヤクルトに1勝2敗とボロボロ。
村田が一人で気を吐いていますが焼け石に水。
で7年連続の負け越し・・・。
ということは森政権の1年目までさかのぼる訳だ・・・。

横浜は7季連続の負け越し決定

この日も投手陣大炎上。
出る投手出る投手、みんな打たれてるもんね。

それにしても解せないのが毎度お馴染み大矢采配。
一昨日先発の小林をなぜ投げさせたのか?。
監督としての能力をいまさらながら疑いますよ。
これで続投ですか・・・。

どうせ負け越しなんだから若手主体に切り替えたら?。
打高投低なチーム状況なのだから、ピッチャーをシーレから何人か引っ張ってこようよ。
山口俊とか・・・。

2008.09.01 Mon | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。