Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
唐突ですが・・・・
しばらくブログをお休みしようと決めました。
ブログを更新する物理的時間がないこともそうなんですが、最近アタシの心の方が悲鳴をあげてる感じがするのでリフレッシュしたいのです。

この数年、様々な部分での環境の変化がありまして、いや、順応はしてると思うんですよ、表面的には。
なんだろうね、色々と考えることが多くなりました。
ちょっとした鬱状態なのかもですね。

精神的なスランプ気味なので、特効薬があるわけでもなく、時間が解決してくれるとは思いますが・・・。

ということで、少なくとも1ヶ月くらいはお休みしようと思ってます。
(そういいつつスグ復活したりして(笑)。)
ちゅうことで、おやすみなさい(違)。


スポンサーサイト
2007.11.19 Mon | ひとりごと | T:0 | C:0
本末転倒じゃないの?
こんなニュースがあった。

<オーストラリア>野党が日本の捕鯨監視で軍隊派遣を主張
11月15日20時4分配信 毎日新聞
オーストラリアの野党・労働党の報道官は15日、豪州近海での日本の調査捕鯨監視のために、軍偵察機などを派遣すべきだとの方針を示した。同国では今月24日の総選挙で、労働党が11年半ぶりに勝利する可能性が高まっている。 
 AAP通信などによると、労働党で外交問題を担当するマクレランド報道官は15日、記者団に対し「捕鯨船の活動を監視するため、適切な場合には豪軍を派遣する。現在は全く監視が行われておらず、証拠を集めることが重要だ」と述べた。
 豪州はこれまでも反捕鯨の姿勢をとってきたが、現在のハワード政権は日本との関係を重視する立場から、軍派遣などの強硬措置は避けてきた。これに対しラッド労働党党首は、より厳しい対応をとるよう政府に一貫して要求。同党は5月に、軍艦船を送って捕鯨船に対する臨検や拿捕(だほ)を行う計画を表明し、これを「軍に海賊行為をさせるようなもの」と環境相が批判するなど論争になっていた。


このニュース、何がおかしいかって、「クジラを保護する」ために軍隊を使うってこと。
税金で運用する軍隊がクジラを保護する・・・、オーストラリア人っておめでたい国民性なんだね(笑)。

ついでにいうと、現在捕鯨が許されているのは建前上は調査捕鯨だけだっていうことなのに、それすらも認めない訳だ。

捕鯨問題に関しては、色々な視点があってココで詳細について書くとそれだけで膨大になるので書かないが、アタシのスタンスは基本的に生物学上絶滅の危機に陥っていないのならば各々の国の文化を守るべき、ということだ。

例えば韓国の「補身湯」。
「犬を食べる」ということに関して、アタシ自身は食べることはできないと思う。
でも韓国の人が食べるということについて批判する気はない。それが韓国の文化だと思うからだ。(ちなみに日本でも近世までは犬食の文化はあったといわれているけど)
同様にクジラを食べる文化を他国の尺度で測られるのは違うと思うのだ。
大体、文化までグローバリゼーションする必要はないよね。

そもそもオーストラリアだって、フクロオオカミ(タスマニアタイガー)を絶滅に追いやっている事実がある訳でそれもほんの数十年前の話である。
暴論だけど、テメエのところの生態系のこともロクロク管理できないくせに人様のことに口出しするんじゃねぇって感じだね(笑)。


2007.11.16 Fri | 多事暴論 | T:0 | C:0
巨人軍と政治を混同するな!
時事的には多少古くなったが、福田康夫総理大臣と小沢一郎民主党代表の突然の党首会談から始まったこの1週間の乱痴気騒ぎは一体なんだったのだろう。

そもそもが民意は「大連立」なんてのぞんでいなかったはずなのだ。
どこぞの「フィクサー」気取りがお膳立てしたなどと巷間伝えられているが、そのフィクサーにマスコミ界の人間がいたというからこれまた驚きである。

中曽根康弘89歳
渡邉恒雄81歳

もう老害としかいいようがない。

今、政治がやるべきことは衆院解散で再度民意を問うことであり、そこで出た結果を甘んじて受けるということであろう。
大体、選挙という民主主義の根幹を無視した政治手法を推奨するマスコミの長の言って信用できますか?。(というかこの人の言は元々信用できんけど(笑)。)

巨人軍と野球界をおもちゃにするなら、生活に関係ないからまだ「お好きなように」と言えなくもない。(といいつつ野球ファンのアタシとしてはそれもまた「許せない」ことではあるのだが)
だが日本の運命をあのジイさんに委ねる気はアタシにはないね。
コレが政治家なら選挙で落としてやることもできるのだが、あの人は落とせないから尚始末に悪い。
葉巻くわえてフィクサー気取りも大概にしてほしい。
ああいう人間がトップの会社で働いている人間もかわいそうだね。

2007.11.12 Mon | 多事暴論 | T:0 | C:0
カリスマと負け犬の違いか・・・・
先週、雑誌上で興味あるインタビューが2本掲載された。
ひとつは週刊プロレス誌上による高田延彦インタビューであり、もうひとつがGスピリッツ誌上における前田日明インタビューだった。

詳細は同誌を読んで頂きたいのだが、ここではアタシが感じたことを述べてみたいと思う。
ただアタシは文章がうまくないのでプロレスブロガーの第一人者の皆さんの冷静なスレを列挙させて頂くので、こちらもご覧ありたい。

カクトウログさん「週刊 前田日明」
プロレス専門ブログ ブラックアイ2さん「プロレスにカミングアウトは必要か?」

さて、アタシが一読して思ったこと。
感覚的な物言いになってしまうことはお許し願いたい。

前田は厳しいことを言ってはいるが、根本にプロレスに対してLOVEがある。
しかし高田にはそのLOVEは感じられないということだ。
言葉を変えれば、ひねくれた意思しか感じられないのだ。

「プロレスを愛していない訳ではない」的なことは言っている。
でもそこに、全否定があるような気がするのだ。

前田は厳しいことはいってはいるが、そこに全否定のにおいは感じられない。
文末の「KENTAはいい。全盛期の佐山さんを超えている。」の発言にしても、遠くからではあるがちゃんと見ている感が感じられる。

この感覚を説明するために、少々ハッスルについて買いてみたい。

ハッスルは確かに面白い(というか面白くなってきた)。
でもそこにあるのは自虐的なネタとレスラー中心でないストーリー。
HGやRG、インリン様を否定はしないけど、そこには「プロレスラーが付き合わないと始まらない」という前提条件がある。
よくWWEを共通点として引き合いに出されることが多いが、アタシはほとんど違うものだと思っている。
現在のWWEのスキットにはほとんど芸能人は登場しない。
そしてもうひとつ、上位クラスのレスラーは間違いなくウマい。
これはハッスルにはないものだ。

つまりハッスルとは、プロレスの形態を借りた何か別のものをやっているとしか思えないのだ。
NOAHのレスラーがハッスルを否定する気持ちが分かるような気がするのは、実はそこの部分なのである。
こういう言い方をすると、高田総統なら「そんなことを言ってるからプロレス界は落ちてったんだろうが」と言われてしまいそうだが、それではハッスルがジャンルを上げられるレベルのものをみせているかと言えば、これまた違うと思う。

少々長くなってしまった。
さてインタビュー雑感に戻ろう。

高田の発言って、「プロレス界のこと考えてるんだ」と言っておきながら自己チューに感じてしまうし、前田の発言は「考えてないんだ」といいつつ、大局的に見ている感じがしてしまう。

実は前田そのものはアタシは好きではないのだが、彼が引退しても尚「カリスマ」的な人気を持ってるそのわけが垣間見れたような気がした。


2007.11.12 Mon | プロレス | T:0 | C:0
ケチケチぶりも大概にせい!
毎年オフになると、この球団には文句を言いたくなってしまうのはナゼだろう(笑)。

本塁打王の村田が銭闘態勢!横浜の提示額に「納得していません」(サンスポ.COM)
36本塁打で球団史上48年ぶりの日本人本塁打王に輝いた横浜・村田修一内野手(26)が、早くも“銭闘態勢”に入った。すでに来季契約に関する下交渉が行われ、今季年俸9000万円から倍増の1億8000万円に最低ラインを設定していたが、球団提示額とは大きな開きがあったことが10日、分かった。
 雨の横須賀練習場で、“村田節”がさく裂した。すでに10月28日に球団フロントと下交渉を行ったことを明かした上で「球団からは、タイトルをとった際の最高アップ額を提示したと説明されました。でもこれだけ数字を残したし、考えている額と開きがあり、納得していません」とこぼした。
 今季年俸は9000万円。球団提示額は5000万円増の1億4000万円とみられるが、村田の考えでは、倍増の1億8000万円が最低ライン。信念を曲げるつもりはない。今季は4番として、全144試合にチームで唯一フル出場。36本塁打を放ち、チームで48年ぶりの日本人本塁打王に輝き、2年連続で100打点もマーク。星野ジャパンにも選ばれた自負がある。
 「ある意味、僕のアップ額が、他の選手の契約の基準にもなってしまうと思うので、活躍したときはあげてもらいたいです」。チームを代表しての“銭闘態勢”。横浜に嵐の予感が漂う。


今季の村田についてはアタシも凄く評価してるんですよ。
勝負弱いのはともかくも(笑)、広角に打てるようになったのは大きいですね。
かなり状況に応じたバッティングをしてたと思います。

その選手に対してこの提示はないでしょう。
あげてやる時はあげてやらないと。
これだと選手のモチベーションがあがりません。
来季のためにも、将来のFA流失を避けるためにもここはひとつ太っ腹で・・・。


2007.11.11 Sun | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
けんてーごっこ
けんてーごっこから、漢字検定の問題を拾ってきました。
結構難しい・・・かもよ。


2007.11.04 Sun | その他 | T:0 | C:0
全部ベイにほしい!
日本シリーズも終わって、各球団から戦力外通告を受けた選手がぞろぞろとでてきた。

巨人の斉藤、ロッテの藤田、ヤクルトの高津・・・。
コーチでも日本ハムを連覇に導いた佐藤投手、淡口打撃の両コーチが契約を更新しないとの通告をされた。

クルーンの契約が失敗したら、この辺の選手とってしまわないかな・・・。
高津も5千万くらいならリーズナブルだと思うし、斉藤はこの人、絶対レギュラーで出させてあげられる環境があればブレークすると思っているのだが。
コーチにしたって、今のコーチより優秀だと思いますよ(笑)。

2007.11.03 Sat | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
つまらない日本シリーズだった
まずは中日ドラゴンズの優勝おめでとうございます。

と先にいっておこう。
なぜならこの後毒を吐くから(笑)。
今年の日本シリーズはホントにつまらなかった。
いえね、何も山井の完全試合を続投させなかったからって訳ではなくて(笑)。

単純に落合がキライだから。

元々職人タイプの選手は好きなはずなのだが、昔から落合はキライだった。
決して尚典を潰されたからではない・・・と思う(笑)。
あの落合臨時コーチなかりせば・・・とは今でも思っているけど。

そういえば、当時の横浜の監督は森。(あぁ、暗黒の時代だった・・・)
二人とも仲がいいみたいで二人とも嫌われ者という共通項もある(笑)。
そういや今回の山井騒動(?)も森は擁護してましたね。

就任して4年で優勝2回、日本一1回、2位が2回となれば名監督なんだろうけど、「勝てばいいんだろ」的なファン軽視路線はもう古いと思うんだけどね・・・。

2007.11.03 Sat | 野球 | T:0 | C:0
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。