Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
徳俵に足がかかりましたか・・・
9/29 横浜スタジアム vsヤクルト20回戦
ヤクルト 100 000 020 = 3
横浜 000 000 100 = 1

9/29 甲子園 阪神vs広島
広島 040 100 000 = 5
阪神 000 000 021 = 3

    ※        ※

9/28 横浜スタジアム vsヤクルト19回戦
ヤクルト 000 000 000 = 0
横浜 010 100 000 = 2

9/28 甲子園 阪神vs中日
中日 000 100 000 = 1
阪神 000 200 00X = 2

ホントに微かにみえるCSへの道、限りなく奇跡的な話ではあるけれども、見えている以上は最後まで見届けるのがアタシのファンとしての矜持。

まずは28日。
寺原の今季初完封で幸先のよい1勝を上げたベイだったが、トラもしのいで勝ちゲーム差かわらず。
29日は好投三浦を打線が見殺しにした格好で惜敗したベイに対して、トラもまたコイに競り負けゲーム差変わらず。
大分苦しくなりました。

さて、ここで先日に引き続いてシュミレーションしてみましょう。

阪神の残り試合はベイ戦2試合含む3試合。
ベイは阪神戦2試合含む9試合。

阪神が残り試合を全敗した場合、.5106
その場合は、ベイは8勝1敗でいければ、.5138で逆転できる。
ただし阪神戦は全勝しか許されない。

阪神が1勝2敗(ただしこの勝ちはベイ以外)の場合、.5177
その場合は、ベイは全勝して、.5208にならなければ逆転しない。

さらに阪神はベイ戦で1勝でもできればその段階でCS出場が決定する。

ここから導き出される解は・・・
ベイ全勝ならトラの成績に関わらずベイCS出場決定。(トラはベイ2試合に負けていることになるので最高でも1勝2敗になるから)
ベイが1敗でもしたらトラの全敗待ち。(というかトラの試合が先に終了するのでその段階でトラが1勝していた場合、阪神で確定する)
トラ全敗でベイが6勝3分0敗でまったく同率となる。
この場合はどうなるんでしょうねぇ・・・。

ってことになる。
とにかくベイは自力進出を狙うなら全勝しかない訳で、まぁ可能性とすれば限りなく0に近いわけですが・・・夢は見たいよね(苦笑)。

ひとつの関門は今日、ダブルヘッダーのヤクルト戦です。
アタシの印象ではダブルヘッダーで2連勝するのってあまり印象にないんですよね。大概結果的に1勝1敗になってるような気がするんですけど。
(ま、毎試合が関門な訳ですが)
なせば、なる・・・のか?。

スポンサーサイト
2007.09.30 Sun | 横浜ベイスターズ | T:2 | C:2
ベイスターズのCS出場の可能性は?
9/25 横浜スタジアム
阪神 100 000 011 0X = 3
横浜 002 100 000 1X = 4

勝:川村3勝1敗 負:藤川5勝5敗43S

これから「ハマスタWAVE」で観戦しますので(笑)、先にWEB上(主にミクシィ)の情報から。
9回にクルーンが打たれて同点にされた時には昨日のお返しかと思いましたが、裕基のツーベースでサヨナラ勝ち!。
2夜連続で「あの」藤川から得点しました。
球児は酷使で疲れてるとはいえ、奇跡的なことに変わりはありません。

この勝ちは大きいですよ。
この期に及んでは勝ち方がどうのこうの言っても仕方ありません。
勝てばいいんです(笑)。

さて、ここで現実的には5割復帰を望むのが筋ってもんでしょうが、そこはアタシのお気楽さ(笑)、ここは逆転CS出場のためにはどうすればいいのか考えてみたいと思います。

25日現在
阪神 71勝62敗4分 .534    残7 (横3・中2・広1・ヤ1)
横浜 64勝67敗1分 .489 6差  残12 (神3・ヤ6・巨1・中1・広1)

この際、名将三原監督の「ゲーム差が残り試合の1/10」という金言は横に置いといて(笑)、単純に数字だけ追っていくと下図のようになります。
20070925235246.jpg


うへぇ・・・、こりゃ無理だわ。
ちょっとは期待して計算してみたけど、するんじゃなかった(笑)。

最低ラインがベイ10勝2敗に対して阪神が1勝6敗ですよ。
もちろん阪神戦は全勝が最低条件です。
阪神が2勝した段階でベイは1敗しかできません。
ヤクルト戦を苦手とするベイが6試合もヤクルト戦残してるんだもんね。しかもダブルヘッダー含む11連戦だし。

もっとも引き分けが阪神の4を上回れば分母が変わるので若干は有利になりますが・・・ねぇ(苦笑)。

ま、とにかく明日勝つことが前提なので勝ってから続きは考えるとしますか(笑)。

2007.09.26 Wed | 横浜ベイスターズ | T:2 | C:2
まさかの逆転勝利!
9/24 横浜スタジアム vs阪神20回戦
阪神 000 301 000 = 4
横浜 000 300 02X = 5

勝:加藤8勝4敗 S:クルーン3勝1敗28S 負:藤川5勝4敗43S

てっきりナイターだと思っててCS観ようと思ったら8回裏の攻撃に入るところでした。
投げてるのは藤川球児・・・あっという間に2アウト。
まあ阪神戦の場合、これにて「ジ・エンド」ですから・・・。
と内川が四球を選んで村田に回る。
村田があそこしかない(笑)という内野安打で続き、男佐伯。
期待もせずに(笑)見ていたのですが、やってくれました!。
まさかまさかの決勝2点タイムリーです。
となれば抑えはクルーン、いつになくパーフェクトなピッチングでピシャリ。
9回の阪神打線は藤川ショックからか淡白でしたね。

巨人に3連敗しておいて阪神に勝ってしまう。
虎ファンにマジで刺されそうな展開になってきましたが(笑)、こうなりゃヤケだ、この勢いで勝ち越し狙っちゃいましょうかね。

2007.09.25 Tue | 横浜ベイスターズ | T:2 | C:0
そろそろ来季の編成の話が・・・
出てきそうなシーズンになってきましたね。
ホセロが帰国するそうです。

横浜のホセロ、24日に米国へ=プロ野球
2007年9月23日(日) 20時1分 時事通信
横浜は23日、ホセロ・ディアス投手が24日に米国へ帰ると発表した。来季の契約は未定。入団1年目の今季は主に中継ぎで45試合に登板し、3勝4敗2セーブ、防御率4.59。今月9日に2度目の出場選手登録を抹消された。



期待通りの成績でなかったとはいえ、ホセロそのものはキライじゃなかったすよ、アタシは。
1度代打で使ってほしかったけど(笑)。
.333はベイ投手陣では吉見に次ぐ好成績ですし、何よりこれがスゴイ。
9打数3安打1本塁打
多分ベイ投手陣今季唯一となるホームランですよ(笑)。
ま、来季はないでしょうね(苦笑)。お疲れ様でした。

明るい方の話も。
琢朗が1軍に戻ってくるそうです。(登録は未定)
琢朗ブログより。「お世話になりました」

5割を目指すのなら残り14試合を10勝4敗でいかなければならないので多分無理ですが、その14試合の内ヤクルト戦が6試合も残ってるんですな。
だからヘタすると順位がひっくり返る可能性がなくもない。
(多分大丈夫だとは思いますが)
順位の心配がなければベテランには早めの休養をとっていただいて若手中心のメンバーにするって手もあるんですがね・・・。
大矢采配を見てるとその気はなさそうか。

フロントは来季の編成を考えてるんだとは思いますが、せっかく今季の補強は成功したのだから来年に向けてしっかりとした方針で臨んでもらいたいですね。



2007.09.24 Mon | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
ベイスターズ戦がCSの鍵?
9/21 東京ドーム
横浜 001 000 000 = 1
巨人 000 000 50X = 5

9/22 東京ドーム
横浜 000 100 000 = 1
巨人 300 111 10X = 7

9/23 東京ドーム
横浜 000 000 200 = 2
巨人 000 000 03X = 3

ハイ、巨人のCS出場が決定しました。
おめでとうございます・・・(号泣)。

3戦目の先発三浦は責められません。
あの段階で小笠原敬遠→李勝負は妥当だと思うし、そこで打った李を褒めるべきでしょう。
ただ1戦目、2戦目の寺原・三橋については・・・寺原はともかくも三橋は初回の攻防で見る方が萎えちゃいましたね。

打線の不振がここにきて痛いです。
寺原と三浦については早い段階で援護があったら、違う展開になってたような気もしますし。

しかし明日からの阪神戦、ベイが勝ち越しなんてしようもんならトラファンから袋叩きにあいそうな展開ですな(笑)。

残り試合の内、阪神が5戦、巨人・中日が1戦ずつ。
間違いなくベイの試合で順位が変動しますよ、これは。
別の意味で注目カードになりそうです(笑)。

2007.09.23 Sun | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
タイゾー君もやるじゃない
久々に痛快なニュース(笑)。

杉村議員が反発=小泉チルドレンの会合退席-自民総裁選
2007年9月16日(日)16:30
小泉チルドレンと呼ばれる自民党の当選1回衆院議員らでつくる選挙塾「新しい風」(会長・武部勤元幹事長)は16日午後、党本部で総裁選対応を協議した。このうち、メンバーの杉村太蔵衆院議員が「(武部氏らの方針に)ついていけない」と途中退席。武部氏は杉村氏に「もう来るな」と怒ったという。[時事通信社]



すっかり大人しくなっていたと思ったらやってくれました、タイゾー君。
でもね、この件に関してはタイゾー君の方が正しいと思うのだ。

今回の総裁選における小泉チルドレンの行動は見苦しい限りだった。
小泉前(まだ「前」でいいよね)首相を担ぎ出そうとして失敗したら福田支持だって。
全然政策じゃないじゃん!。

片山さつき議員なんて福田陣営の出陣式でエイエイオーなんてやってらっしゃる。前日まで「(小泉出馬の)署名を集める」なんていってた人がだよ。
モロ丸分かりじゃんね、自分の議席を守りたいのが。

そもそも小泉不出馬の段階でチルドレン達は自前の候補者を出すべきだった。そうすれば彼らに政治的求心力が発生して後々の展開が見えてきたのに。
そうしなかった彼らはもはや縄につながれたも同然、間違いなく次期総選挙で苦杯をなめることになるだろう。
まぁ所詮、理念で出てきた人たちじゃないのでこんなものか。

さて、正論を吐いたタイゾー君であるが、彼の発言自体も彼自身の為にはならないというのが政治の悲しいところだ。
ただ本ブログでもタイゾー議員の今後の発言に注目していきたいと思っている。

2007.09.19 Wed | 多事暴論 | T:0 | C:0
順位にまったくからまないけど3連勝(笑)
7/18 横浜スタジアム
広島 000 000 021 = 3
横浜 000 000 60X = 6

勝:三浦11勝11敗 S:クルーン3勝1敗27S 負:長谷川2勝5敗

猫の目のように入れ替わりつつ盛り上がっている首位争いに背を向けて(笑)今日も闘うベイスターズ。(それにしても今日の甲子園がG+の放送だけというのは納得いかんね、マジで)

三浦、長谷川の両先発の好投で緊迫した投手戦になりましたが、7回に一気に均衡が崩れちゃいました。
これで楽勝・・・と思ったのですが結局クルーンをつぎ込むハメに。
この辺は課題ですなぁ。
(それにしてもJスポでのCS放送、松下アナと盛田のコンビでしたが、9回に加藤褒めるだけ褒めておいていきなり降板には笑えましたね。)

とにもかくにも3連勝で借金も3まで戻してきました。
広島戦を3タテしとかないとこの後巨人、阪神と続くので借金完済どころか雪ダルマ式に増えかねません。(弱気(笑)なアタシ)
何とか踏ん張ってほしいです。



2007.09.18 Tue | 横浜ベイスターズ | T:1 | C:0
ウルトラの星は輝き続けるのか・・・
9月12日、世間では安倍首相の辞意表明で大騒ぎだったが、アタシの中ではこっちの方がよほど重大ニュースだった。

ウルトラマン身売り…円谷プロ映像大手TYO傘下に
9月12日17時2分(夕刊フジ)
 「ウルトラマン」で知られる円谷プロダクションが経営難から身売りすることが12日分かった。同プロの大株主・円谷エンタープライズが10月中旬に第三者割当増資を行い、CMなど映像制作大手のティー・ワイ・オー(TYO)が8000万円で引き受ける。これにより、円谷プロはTYO傘下となる。
 TYOが12日発表したリリースによると、最近の円谷プロは、映画製作費負担の増加、長年の同族経営による経営基盤の弱体化などで経営が悪化、“カラータイマー点滅”状態にあった。TYOは円谷グループへの経営参画で、経営再建を目指す。
 具体的には、現在、円谷プロ株の約45%を所有する円谷エンタの増資と同時に、円谷一夫会長兼社長が所有する円谷プロ株約22%を円谷エンタに譲渡。TYOは円谷プロ株68%を所有する円谷エンタ株式の80%を所有する。これに伴い、円谷プロでは円谷会長兼社長を除いた役員が退任し、TYOの吉田博昭社長らが新役員となる予定。
 円谷プロは、今年6月の株主総会で大幅なリストラを主張した大山茂樹前社長を、円谷会長が解任した。10月からは生誕40周年のウルトラセブンが「ウルトラセブンX」(TBS系)として復活するが、同社救済には間に合わなかった。



こういう噂自体は結構前からあった。
ただ「ウルトラマンメビウス」の成功(「ビジネス」としてのではないところが・・・なのではあるが)で世界観がさらに広がったウルトラシリーズ、メビウスの続編?の製作も決まった(コチラ参照)ことで、歯牙にもかけていなかった。
まさに青天の霹靂である。

クリエーターとしての円谷は一級品である。
でも結局、良くも悪くもクリエーター馬鹿だったのかもしれない。
企業として利益の出るビジネスモデルにできなかったという意味では。

ちなみにこんな話もある。

■「好みのキャラ」「玩具販売」 ともに好勝負(izaより抜粋)
 バンダイが子供を持つ親に好きなキャラクターを聞いたアンケートでは、男子1000人中で72人が「仮面ライダー」を挙げて第4位に入った。
 「ウルトラマン」シリーズは60人で6位、「スーパー戦隊」シリーズは57人で7位といずれも上位にランクインした。
 バンダイではこれらの玩具も製品化している。2006年度決算で「ウルトラマン」は36億円を売り上げ、07年度も50億円を見込んでいる。「ウルトラ」シリーズは07年3月に「ウルトラマンメビウス」が終了して、新番組が放送されていない。
 新作が放送されている「スーパー戦隊」は今期100億円(06年度は101億円)、「仮面ライダー」は同90億円(同71億円)を見込み「ウルトラマン」を上回っている。


玩具売上げが戦隊シリーズや平成ライダーの約半分ということが、即子供の人気がないということでは勿論ない。
だが劇場版「メビウス」も不振だったと聞く。
観る人観る人が大絶賛する映画がなぜこけたか、関係者はよく考える必要があるのではないか?。

幸い、買収先であるTYOはウルトラシリーズを評価しているようだし直近にウルトラシリーズが終了することはないとのことでひとまず胸をなでおろしている。

ウルトラの星はアタシたちの頭上に常に輝いていなければならんのだよ!。



2007.09.17 Mon | ウルトラマンメビウス | T:1 | C:0
国民と自民党の「民意」のズレ
今朝、「サンデープロジェクト」に自民党の総裁選に出馬した福田康夫氏と麻生太郎氏が出演した。

率直な感想を言えば、福田さんは何を言ってるのかサッパリ分からなかった(笑)。
200年住宅の話しか印象に残ってないぞ(笑)。
麻生さんの話に追従してるし。

逆に麻生さんは非常にはっきりとした主張ができたと思う。
ただし、これが正しいかというとこれまた違うと思うのだが(笑)。

ただ間違いなくいえるのは国民受けするのは麻生氏の方だろうということ。
福田氏はもちろん、麻生氏にも安倍首相にあった「危うさ」がないことから、どちらが総裁になっても今までよりは安定した内閣になるだろうことは想像できる。
しかし小泉純一郎という稀代のアジテーターを経験してしまったアタシ達にとっては、いかにも旧世代の政治家といった感のある福田氏は物足りないのだ。
でも大勢はすでに福田氏圧勝で決まっているそうで、だとすれば自民党はまたしても民意を汲み取れていないということになる。
どうも自民党、瓦解の方向に向かっているような気がしてならない。

それにしても、これで福田赳夫の息子対田中角栄の愛弟子の闘いになる。角福戦争リターンズは、どのような闘いになるのだろうか。

2007.09.16 Sun | 多事暴論 | T:0 | C:0
無我とNOAH、スイングしないプロレスの妙
久々にプロレスの話。

昨日、G+で放映していた9・9NOAH日本武道館大会を録画してみた。
といってもお目当ての試合は本来の主題たるGHCヘビー挑戦者リーグ戦ではなく特別試合の方だった。

  藤波辰彌&西村修VS三沢光晴&潮崎豪
    ○西村(足四の字固め)潮崎×

昭和のプロレスファンから言わせれば新日VS全日である。
盛り上がらない訳にはいかないだろう(笑)。

試合展開は各種のサイトをみていただくとして、アタシの素直な感想を。

一言でいえば「スイングしきらないプロレスの妙」といったところだろうか。

藤波は上手かったと思う。
特にロックアップの自然な力強さは絶品だった。
例えば長州に代表される勢いのあるロックアップもいいが、本来のロックアップってこういうものなのだと思う。
論外なのはふにゃふにゃなロックアップ、例えば西村のとか(笑)。
(ちなみに試合後の三沢のコメントでもこのロックアップについては「タイアップは力強かった」という言葉で触れられていたようだ。いいとこ見てるね、アタシ(笑))

それでも、やはり生まれ育ちが違うと流儀が微妙に違うのだ。
新日時代、受けの名手だった藤波ですらノアの仲では非常に攻撃に偏ったタイプに見えてしまう。
ましてや西村をや、といったところだ。

だから特に西村の出番の時、スイングしてないように見受けられてしまう。
リズムが違うというのか、現代のプロレスで主流の「技のラリー」にならないのだ。
逃げる、かわすといった様々な動きでスカす西村を見ていると、潮崎なんかは損だなぁと感じてしまったりする。

そしてそれが決して面白くないというのではなく、逆に新鮮に感じたりするから不思議なものである。

元々プロレスって複雑で非常に奥深いものだったのに、スイングするという言葉でくくれば聞こえはいいが、ある種「単純なプロレス」に慣れすぎていたのかもしれない。

時流に乗ったプロレスではないだろう。
でもこういう試合を見ると、プロレスに自信が持っていいとつくづく思うのだ。

さて、ここからは昭和のプロレスファンの繰言です。
藤波の「ドラゴンスープレックス」がまたTVで聞く事ができるとは思わなかった。素直に感動した。
そして元祖ドラゴンスクリュー、何であんなに綺麗に決められるのか。
その前の潮崎のそれを見た後だけに余計にそう思ったのだが(笑)。
もうひとつ感動したのは、決して投げないドラゴンスープレックス(笑)。今回は投げない(投げれない?)ジャーマンという形で見ることができた。

そして三沢。
アタシは最近の三沢に否定的なコメントをしてきたが、この試合はメインではないこともあるのだろう、いい意味で力が抜けていて非常によかったと思う。
潮崎も地力つけてきましたね。

そうそう西村のファイトスタイル、昔のドリーにますます似てきましたね。ドリーも割りと自分本位のプロレスをするというか、のらりくらりとペース崩さない人でしたもんね(笑)。


2007.09.12 Wed | プロレス | T:0 | C:0
祝! 第2弾映画化
ミクシィネタから。

「ウルトラマンの映画化が決定」とあったので確認。

モロボシダン役の森次晃嗣さんの公式サイトで、
「10月映画撮影開始 横浜を舞台にウルトラ兄弟が活躍する。昨年に続く第2弾!」と出ているのだ。
(ちなみに円谷公式サイトでは一切触れられていない(笑)。これはフライングなのか?)

「昨年に続く第2弾」とある以上、メビウス続編と見て間違いないでしょう。
ひとつビミョーだなと思うのが、10月撮影開始ということは公開が翌年の夏休み頃になるのかな、となるとメビウスが主役ではなくて次のウルトラ戦士になるという気もしますね。

にしても、「ウルトラセブンX」の10月からのレギュラー放送に加えて明るいネタが見えてきました。


2007.09.09 Sun | ウルトラマンメビウス | T:0 | C:0
陽はまた昇る・・・のか?<巨人3連戦>
ブログの更新が滞っていたのは、決してベイスターズの成績がよくなかったから・・・ではありません(苦笑)。
通勤2時間超に加えて夜パチで体的にしんどかったのですわ。

今後も不定期更新になると思いますがよろしくお付き合いください。

さて、1日の段階でいつの間にか5割に復帰していた我がチーム。
散々借りのある巨人に対して、
1戦目は工藤が本拠地初勝利。
2戦目は6点差をひっくり返すというあの日本一の年のような逆転劇で連勝ときたももんだ。

3連勝をもくろんだ今日こそ負けてしまいましたが、首位相手に勝ち越しは上出来でしょう。(勝ち方には文句あるけどね)

阪神が負けないため、今現在のゲーム差は5ゲーム。
かの名将三原監督の名言によれば、
「(逆転までのリミットは)ゲーム差が残り試合の10分の1」
だそうだから、阪神をひっくり返すのは数字的には非常に厳しいものがある。
ましてや工藤と土肥が登録抹消である。
投手陣については一から考え直さなければならなくなってしまった。

それでもアタシは一時より全然楽観的である。
今年は種蒔きの年、昨年断トツのチームがここまでやっているのだ。
それだけでもスゴイことではないか。
しかも監督の采配には?がつくのに、だ。

今はただ、明後日からの阪神戦に3連勝するつもりの選手起用をおこなってほしいということである。
もし3連勝したら・・・その時こそ大手を振って書かせてもらう。

3位再奪取だと。

2007.09.03 Mon | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。