Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
恵みの雨2日目
5/31 横浜スタジアム
日本ハム 1
横浜○○ 0
雨天によりノーゲーム


一番中途半端な形での雨天中止となってしまいました。
実は会社の人間が取引先から頂いたチケットで観にいってたんですが、散々だったでしょうね(笑)。

先発はダルビッシュと工藤、分が悪いとは思ってましたが初回に2死からあっけなく先制されました。
工藤にはグッドコンディションで投げさせてあげたいですよ。

これで明日に振り替え決定ですが、今日投げたので明日の再スライドは両投手ともないでしょう。
少しはまともな試合になるかな。


スポンサーサイト
2007.05.31 Thu | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
恵みの雨?
本日は雨天により試合中止。
地元相模原での開催だったので急いで帰ってきたのですが、途中に雨天中止が決定。
観たい気もあったのですが、日ハムの先発予想がダルビッシュ有。
生ダルビッシュを観たい気も半分、負けを覚悟するのが半分、これは観ない方がよかったかもしれませんね(苦笑)。

でこのままだと、明日のハマスタにスライドしてしまうのでできれば明日も雨を期待(笑)・・・したいところですが予報は雨のち晴れ(>_<)。
残念ながら明日も敗色濃厚ですわ(もちろん選手諸君の奮起を期待してはいますが)。

ところでベイスターズの明日の先発って誰なんだ?(笑)。

追記
楽天が5割復帰しました。
野村監督も好々爺で昔のいやみな感じが薄れました。
今のチームの雰囲気すごくよさそうです。
昨年の日ハムもそうですが、地方のファンはやさしいですね。

山崎武も2冠王を驀進中、松中の出遅れもあって今年はタイトル獲れるかもしれません。
もしかすると、野村監督の公約(?)であるAクラスも夢ではないかも・・・。


2007.05.31 Thu | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
寺原見殺し・・・だけど
5/28 横浜スタジアム
楽天 000 000 210 = 3
横浜 001 100 000 = 2

勝:小倉1勝 S:福盛3勝11S 負:寺原4勝4敗

この試合展開は監督の差なんでしょうか(笑)。

6回までノーヒットの先発寺原、8回3失点は文句言えませんね。
ベイ先発陣の中でロングイニング投げられる唯一の選手です。
こういうピッチングを続けていれば勝ち運は廻ってくるでしょう。

打線については、仁志と琢朗はよくなってきましたかね。
中軸以降が全く機能してないので点に結びついてないですが、明るい材料ですね。

大矢監督の選手起用について言いたいことは山ほどあるけどもう言いません。
ただひとつだけ、中途半端な起用はやめましょう。
1試合使ってダメなら使わないというのではなく、心中するつもりである程度我慢して使って欲しいものです。
そうしたならばアタシも心中覚悟で何も言わずに最後まで見届けますよ。
(去年の牛島前監督の頑固さはアタシ好きでしたよ)

さてネットでは大矢采配批判が目白押し。
気持ちは分かるんですが、実は勝ってる時からおかしな采配はありました。
勝てば官軍なのはいつの世も一緒、その時には「大矢マジック」といってた人に限って今采配批判してたりするのはどうなんでしょう。
もう少し長い目でみてあげて欲しいと思いますね。

しかし楽天、いいチームになったねぇ。


2007.05.29 Tue | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
反省だらけの楽天戦
5/27 横浜スタジアム
楽天 010 200 112 = 7
横浜 000 000 013 = 4

勝:山村4勝 S:福盛3勝10S 負:土肥5勝2敗

前半は楽天の一発攻勢、後半は打線がつながりました。
楽天は先制・中押し・ダメ押しがきちんとできてます。
それにしても山崎武の2本目の場外弾、すごかったですねぇ。
御年39歳とは思えませんよ。
これで両リーグ20本一番乗り、打点も50の大台に。
このままいくと60本120打点くらいいけるんじゃない(笑)。
野村監督、結構チーム力つけてきましたね。

ここまで楽天をほめているということは、逆にいえばベイについては反省だらけ。
無死走者1塁で2度の併殺、出てくるピッチャーがことごとく打たれる・・・。
救いがあるとすれば、最終回に福盛を引っ張り出せたことくらいか。
すっかり村田からも当りが消えてしまいました。

金城の怪我も心配ですが、ここは無理をせず「しばらく」養生してもらって(なんなら登録抹消しますか)下窪(個人的には小池だけど)でいいじゃないですか。

那須野は先発で一度試してみて、それでもダメならシーレ行きに。
ホセロも下で矯正した方がいいのかな。
中継ぎは右左関係なくクアトロKでいきましょう。
大矢監督、木塚はもっと引っ張ろうよ。

それにしても選手個々でみれば役者はベイスターズの方が揃っているはずなのに、野球って不思議ですよねぇ。

2007.05.27 Sun | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
折込済みの敗戦(←強がり)
5/26 千葉マリンスタジアム
YB 000 000 021 = 3
M 121 020 02X = 8

勝:渡辺俊5勝1敗 負:三浦2勝5敗

昨日昇格した三浦が早速先発で登板しました。
多分、俊介も三浦もスライドなのでしょう。

さすが俊介、8回を2失点はお見事です。
防御率1点台は伊達じゃありませんね、以上終わり(笑)。

・・・終わりにしたいのですが一応ベイスターズにも触れておきましょうかね(笑)。
相手が1点台の防御率なのに3回まで毎回の4失点では勝てる訳ありません。
番長も調整が必要だったのでは?。

打線は相変わらずの貧打。
今日は誰がダメとかじゃなくみんなダメですね。

ちなみに今日はスピードがない俊介だったのですから、琢朗スタメンでもよかったような気がします。

まぁ相手が俊介の時点で勝てないとは思ってたんでそんなにショックはないですわ。(←強がり?)
また明日です。
・・・といいつつ楽天侮れないような気がする・・・。

2007.05.26 Sat | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
やっぱりトンデモ弁護士?
先日、「光市母子殺害事件」について書いたところ、ブログの訪問者数が通常の6倍近くに跳ね上がった。
如何にこの事件が関心を集めているかということなのだと思う。

この裁判については、当ブログでも折に触れて書いていきたいと思う。

さて、J-CASTニュースにこんな記事が載っていた。
遺体「強姦」は死者復活の儀式 弁護団が「失笑」ものの新主張

(前略)新たに21人もの大弁護団を形成した被告側は、主婦殺害後の遺体を犯した行為などについてこのように主張した。
被告は、自分が中学1年のときに自殺した母への人恋しさから被害者に抱きついた。甘えてじゃれようとしたので強姦目的ではない。騒がれたために口をふさごうとしたら誤って首を押さえ窒息死させた。死後に遺体を犯した行為は、生をつぎ込み死者を復活させる魔術的な儀式だった。長女は泣きやまないので首にひもをまいてリボンの代わりに蝶々結びにしたら死んでしまった。どちらも殺意はなく、(殺人より罪が軽い)傷害致死罪に当たる。
「(同じ)弁護士として恥ずかしい」と弁護団を切り捨てたのは、5月25日朝のTBS系「みのもんたの朝ズバ!」のコメンテーターで元検事の大澤孝征弁護士。大澤弁護士によると、「不可解で不合理な話をして被告の精神がまともではない。だから責任能力は少ない。当然死刑は適用すべきではない」という論理につなげるために、弁護団は事実を曲げようとしている。死刑を回避するための捨て身の戦法、というわけだ。



『生をつぎ込み死者を復活させる魔術的な儀式だった』だって。本人がそう言っているのか弁護士が知恵つけてのかはわからないが、こうなるともう噴飯モノな話だろう。
18歳の少年が黒魔術ですか・・・。
この被告の精神状態がクリアなことは拘置所から友人にあてて出した手紙で明白だし、そのクリアさから魔術的なことをやるとは到底思えないんですが。
何しろ「犬が道で犬に出会ってやっちゃったら罪になるのか」とまで書いた人間である。
間違いなく強姦するのが主目的であった訳で、生き返らそうなんて殊勝な気持ちを持って死姦するわけがない。

弁護士って何言っても弁護するためなら許されるのか、正直疑問に感じてしまった・・・。
検察は黒を黒としなければ罪にできないのに対して、弁護側はその黒を白にするのではなくグレーに薄められればいいのだから何でも言うんだろうけどこれはあまりにも低レベルかつトンデモ話だよ。




2007.05.26 Sat | 多事暴論 | T:0 | C:0
工藤勝利の翌日、スポーツ紙紙面より
引用が長くなるので、早速いきましょう。
まずはデイリーから。

“ハマのオジサン”移籍後初勝利!
2007年5月24日(木) 10時28分 デイリースポーツ
マウンドから対峙(たいじ)する古巣のユニホームと、「工藤頑張れ」の声援が左腕を刺激する。集中を極限まで高めた「ハマのオジさん」が一度はしぼみかけた花を再び咲かせた。横浜に移籍後初の勝利。8連敗中のチームを救った喜びと交じり「忘れられない」と顔をくしゃくしゃにした。
 背水の登板だった。今季は開幕から3連敗で2軍落ち。再昇格後初先発となった15日の巨人戦でも、六回途中を5失点。「もう勝てないんじゃないかと思った」と不安に駆られた。
 だが、勝てない中で大事なことを思い出した。「(元西武監督の)広岡(達朗)さんだったかな。気持ちの入っていない球は打たれるって言われたんだ」。この日の西武打線は両打ちの福地を含め9人全員が右打者。その相手に「一球ずつ気持ちを込めて投げた」と果敢に内角を攻めた。結果は6回4安打無失点。西武戦では98年9月以来、実に9年ぶりの白星だった。
 楽天・野村監督に並ぶプロ実働最長の26年目。そしてセ・リーグ投手最年長勝利記録を44歳18日に更新した左腕は「監督をはじめ、支えてくれる人がいたからこそ」と言う。特に雅子夫人の存在は大きい。
 若いころは体調管理を一切せず、25歳の時には肝機能障害を患った。そんな工藤を支えるため、夫人は自ら栄養学を学んだ。「塩とかみそとか、ここのが良いと聞くと、すぐに各地から取り寄せるんだよ。今の自分があるのは、一番は母ちゃんのおかげ」。
 家族、チームメート、ファン…。「まだ(恩を)返せていない。始まったばかり」と語る「ハマのオジさん」は、再出発のしるしに、左翼席へウイニングボールを投げ込んだ。


つづいて報知。

44歳工藤勝った!1年ぶり白星!移籍1勝でベイ連敗8で止めた
2007年5月24日(木) 8時3分 スポーツ報知
26年目の“シフトチェンジ”が昨年5月3日の阪神戦(甲子園)以来385日ぶりの勝利を導いた。長いキャリアで築き上げた考えを捨て、ペース配分を無視することを選んだ。見せ場は5回だった。「バテたら終わりって感じで投げた。目の前の敵を倒すだけを考えた」G・G・佐藤を直球、細川をフォークで連続三振。続く平尾にはこの日最速の143キロを左前安打されたが、佐藤を低めに決まったカーブで二ゴロに仕留めた。これまで中盤に崩れるケースが目立ったが、持ち前の直球と変化球のコンビネーションに加え「一球入魂」の精神力で“鬼門”を突破した。
 「もうオレ、勝てないんじゃないかな」と心が折れそうな時もあった。5月11日の広島戦(横浜)で9年ぶりの救援登板。「リリーフの人たちの気持ちが分かった」と今さらながら一球の大切さを学んだ。「原点に戻ることが大事だったね」潮風が吹き抜ける2軍の横須賀の練習場では「お前、ふた回りもオレと年が違うの?」という若手が必死に白球を追う姿も自分を見つめ直す機会にもなった。
 44歳と18日での白星。自身の持つ現役最年長勝利投手記録を更新した。通算勝利数216で歴代単独15位になった。大矢監督は「工藤らしい投球だった」とチームの連敗を8で止めたこと以上に超ベテランの復活を喜んだ。1982年から94年まで本拠地として13年間戦った“西武球場”での勝利。「この1勝は忘れられない。これからマイナス面を取り戻したい」これまで積み重ねたいくつもの白星よりも、この日の勝利は格別の味がした。


次は日刊スポーツ。

横浜工藤23年連続勝利で記録更新
2007年5月24日(木) 10時4分 日刊スポーツ
<西武1-2横浜>◇23日◇グッドウィル
 「ハマのおじさん」が復活した。横浜工藤公康投手(44)が、古巣西武戦で移籍初勝利を挙げた。今季5度目の先発で6回を4安打無失点に抑え、チームの連敗を8でストップさせた。06年5月3日の阪神戦以来の白星は、歴代単独15位の通算216勝目。23年連続勝利は米田哲也(近鉄)が持つ22年を抜いて新記録だ。また44歳勝利は工藤自身が持つセ・リーグ最高齢勝利を更新。記録ずくめの1勝となった。
 2-0で迎えた6回2死一塁のピンチ。1発が出れば同点の場面で、工藤は和田に92球目を投じ、遊ゴロに抑えた。マウンドを降りる工藤は額から大量の汗を滴らせながら、左腕を大きく突き上げた。6回を散発4安打で無失点。やっとの思いでつかんだ移籍初勝利に喜びを爆発させた。
 工藤「もう勝てないかと思った。勝つことがどれだけ難しいか、26年やってあらためて感じました。忘れられない1勝になります。家で母ちゃんが泣いているらしいよ」。
 最速143キロ直球が走った。落差がある独特のカーブは、低めに決まった。5回、先頭G・G・佐藤にカウント2-3から、見逃し三振を奪った。直前の味方の攻撃は好機をつくるが追加点を奪えず、流れが西武に行きかねない状況で踏ん張った。
 1年間、勝てなかった。周囲の大きな期待と注目を集め、横浜へ移籍。2月の沖縄キャンプでは、報道陣やファンが殺到するフィーバーが起こった。心労もあって体重は5キロ減った。「それだけ体が動いてるってことかな」と笑ったが、「来年の今ごろは、どうしてるんだろうなあ」ともつぶやいた。初登板の4月1日の巨人戦(横浜)で4回途中KOされると、「秋には何人かがプロをやめないといけないんだ。オレも1回、1回の登板が勝負なんだ」と漏らした。
 先発で3度失敗し、4月16日には再調整で出場選手登録を抹消された。神奈川・横須賀の2軍グラウンドで若手と一緒になって汗を流した。真っ黒に日焼けした顔は、その努力の証しだった。高卒ルーキーの北が「工藤さんはダイエー時代からしか知らない」と言うと天を見上げた。年齢のギャップを感じながらもやることは同じ。2年目山口が「練習開始の30分前に行くと、工藤さんはもうウエートをしている」と驚いたように、ひたすら練習を続けた。25年前にプロ生活をスタートさせた思い出の地での1勝。かつて慣れ親しんだマウンドが後押しした。
 工藤「横浜に来て初めて貢献したが、まだまだマイナス面の方が大きい。今からでも遅くはない。チームが1つでも上にいけるように頑張る」。
 ウイニングボールは惜しむことなく、左翼席のファンに投げ込んだ。少し遠回りはしたが、ようやく44歳ベテランの26年目シーズンが幕を開けた。【古川真弥】



ダルビッシュとかマーくんには間違いなく輝かしい未来があるだろう。
そして44歳の工藤には残された時間はそんなにないだろう。
しかし工藤には彼しか語れない「歴史」という重みがある。
実働26年という「老体」に鞭打って初白星をあげるまでの苦しみもまた野球を彩るドラマのひとつである。
やっぱり野球ってすばらしい!。

追記
海外にも実はドラマがある。
桑田真澄、彼がメジャー登板できた時、そこにも間違いなくドラマが生まれるのだろう。そのシーン見れたら間違いなく泣きますね、アタシは。

2007.05.25 Fri | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
「人権」弁護士みたび
何度か書いた「光市母子殺害事件」に新しい動きがあった。
「弁護士のお仕事って?」(06/6/21稿)とか「山口光市殺人事件に思う弁護士って何?」(06/4/23稿)とか参考にしてください。

 山口県光市で99年、母子を殺害したとして、殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(26)の差し戻し審初公判が24日午後、広島高裁(楢崎康英裁判長)で始まる。最高裁は昨年6月、「量刑は甚だしく不当」などとして、2審の無期懲役を破棄しており、事件当時18歳と30日だった元少年に死刑が適用されるのか、判断が注目される。



弁護側は21人もの弁護人を立ててるそうですが、だから何なの?って感じです。

ちなみにアタシの考えは以前と変わっていない。
国民感情とか関係なく、遺族の仇討ち的な死刑でもなく、ただ単純にこのような人間がシャバに出てこれないようにするべきだと思う。

有期懲役が無制限にあれば懲役100年とかできるのに、日本にはそれがないのだから最高刑である死刑も当然だと思う。
はっきりいって再犯した時に、今回の弁護士は責任取れるのか。

死刑廃止とこの事件とは全く関係がない。
現行法に照らして粛々と裁判が進むことを臨みたい。

追記
今日のZEROで公開された元少年の手紙。
26歳とは思えないたどたどしさでした。
反省はしてないね、やっぱり。

2007.05.24 Thu | 多事暴論 | T:0 | C:0
連敗ストッパーは鉄腕工藤!
5/23 グッドウィル西武ドーム
横浜 010 100 000 = 2
西武 000 000 010 = 1

勝:工藤1勝4敗 S:クルーン1勝9S 負:岸4勝2敗

●●●●●●●●と景気よく並べてくれたベイスターズの黒星街道。
どこまで伸びるか見てみたくなるくらい自虐的になってました(笑)が、ようやく止まりましたね。

止めたのはこの男でした。

工藤公康44歳!

正直、先週ハマスタで見た時の工藤は本調子といえる状態にはみえず、今日もキツイかなとは思ってたんです。
それが蓋をあけてみれば、6回4安打無失点はさすがの一言。
最初の球団である西武戦で黒目を開けたのも因縁ですかね。

実は今回動く映像をまだ見ていません。
アタシは帰宅中、携帯でNiftyのスポーツサイトとmixiの実況コミュを首っ引き状態。
で帰宅後、報道ステーションのスポーツコーナーで確認。
ですんで非常に部分的にしか見てないのですが、非常にいいピッチングだったようですね。

打線は相変わらず貧打なところがありますが、つながってきたのは大きいですね。
吉村は先制打含む猛打賞。
やっぱりこの子は我慢して使いましょう、将来のために。
若手も下窪はともかく(笑)藤田はよいのではない?。

大矢監督も「この勝ちは価値ある勝ち」などと早口言葉に向きそうな(笑)コメントしてましたが、ホントに大きい大きい1勝だったと思います。

とにもかくにもこれでリセットできました。
後は上を向くのみです。

Move On!



2007.05.23 Wed | 横浜ベイスターズ | T:1 | C:1
交流戦スタート!
5/22 グッドウィル西武ドーム
横浜 000 000 010 = 1
西武 000 200 00X = 2

勝:涌井7勝2敗 S:小野寺1敗9S 負:寺原4勝3敗

寺原は8回を2失点、よく投げました。
相手が悪かったです。
本音をいえば涌井は捨てて明日寺原にしたいところだったですが、今のベイスターズで一番安定しているピッチャーを相手のエースにあてたんですからこの結果は致し方ないところでしょう。

工藤先発も十分あったと思うのですが、プレッシャーの無い楽なところで投げさせてあげたかったんでしょうか、回避しましたね。
これで明日の先発は決まり、相手は多分岸になるでしょう。
何とかタイの星でいきたいところです。

打線もてこ入れしてきました。
琢朗と尚典をはずして藤田と下窪をスタメン起用、DHには古木をもってきました。
ついでに金城もはずしてほしかったですが(笑)、まぁ考えてはいますよね。機能しなかったけど(笑)。
個人的には吉村の育成と小池のスタメンをお願いしたいですが、今はある意味何やってもダメだと思うので(笑)、気長に待ちましょう。
それにしても大矢監督、もがいてるのは分かるけど場当たりすぎないか、オーダー(笑)。

今日はセリーグが全チーム負けましたんで順位もゲーム差も変動なし。
何よりな話です(笑)。

そうそうヤクルトがシコースキーの獲得を発表しました。
どこかにまだ残ってないですかね、日本球界経験者(笑)。


2007.05.22 Tue | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
ラジオな人、テレビな人Part7
ホントにPart7なのかは確認してないので念のため(笑)。

ベイスターズが負け続けてていい加減ベイネタだらけなのもまずい(笑)ので、たまには違うネタを。

先日の記事「山本モナ、ラジオにかえる」でも書いたのだが、最近は大竹まことのラジオが好きなのだ。

例によってフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

大竹 まこと(おおたけ まこと、1949年5月22日 - )は俳優、お笑いタレント。
シティボーイズ(大竹まこと・斉木しげる・きたろう)のリーダー。



昔を知ってる人なら夕ニャンで暴走しまくってた人(笑)って印象が強いが、元々は舞台の人であり、博識多才な人でもある。
でラジオではその部分が非常によく出ているのではないだろうか。
朴訥とした語り口と時折見せる暴走(笑)、共演者への気遣いも感じられて非常に好感が持てる。

実際に彼のラジオが評価されたのだろう、土曜日の午前の週1の番組「大竹まことの少年ラジオ」が月~金の午後の帯番組「大竹まことのゴールデンラジオ」に昇格しているのだ。
(しかも前番組はラジオな人の代表格でもある吉田照美ですよ)

相変わらずポッドキャスティングでしか聞けないのだが、アタシの中ではレギュラーで聞く番組となっている。

で実はココからが本題なのだが(笑)、先日の放送の1コーナー「大竹メインディッシュ」のゲストは矢野きよ実だったのだ。

またしてもウィキから。

矢野 きよ実(やの きよみ、1962年2月25日 - )は昭和後期・平成期(1970年代後半~)のパーソナリティー、モデル、書家。名古屋市中区大須出身。



東京人なら知る人ぞ知るって人だが、アタシは4年の名古屋在住歴があるのでよく知っている。

これがまたベタな名古屋弁話すん「だわ」(笑)。
でもすごくそれが心地よくて、また話すネタがベタベタ(というかシリアス話もあったんですけど全部ホンワカと聞こえるのですよ。名古屋弁ってホンワカすると思うのはアタシだけですかね。)なんだけどいやみにきこえないん「だがね」。

コーナーのラストで「(大竹に)東京呼んで下さい」なんて言ってたけど、結構いけるんじゃないかと思ったアタシでした。
少なくとも木曜アシの光浦よりは絶対いいと思うよ。

2007.05.21 Mon | テレビ&ラジオ | T:0 | C:0
あぁ無情・・・・
5/20 甲子園球場
横浜 000 000 000 = 0
阪神 000 100 00X = 1

勝:中村泰1勝 S:藤川1敗12S 負:加藤1勝2敗

何か1週間前が遠い昔のように思えますな(苦笑)。
あの時は「首位攻防戦」などと息巻いていたのに・・・。
虎の子の貯金6が1週間で消え、借金1になりました(涙)。

今日は加藤の負傷降板はあったものの、投手陣は責められませんね。
問題は打線、対左の内川・小池は機能しませんでしたし、3番金城はダメだってアレほどいったのに(笑)。

まぁダメな時は何やってもダメって好例でした。

さて来週から交流戦突入です。
最初の相手は西武
こちらは工藤・寺原でしょうか。
あっちは順番通りだと涌井・岸かな。
1勝1敗で御の字ってところですか。

交流戦では2連戦が続きます。
投手陣の整備にはもってこいな状況です。
(負傷の状況次第ですが)加藤を中継ぎに回してクワトロK再結成しましょう。
そうすると先発は、
工藤・寺原・山口・土肥・(那須野)・(吉見)で回し、
中継ぎで、
加藤・木塚・川村・ホセロ・高宮
抑えに、
クルーン
牛田が戻れば万全ですね。
大矢監督は先発6回まで我慢しましょう(笑)。

打者は、
1 仁志(二)
2 藤田(遊)(石井)
3 佐伯(DH)(鈴木尚)
4 村田(三)
5 古木(右)(内川)
6 吉村(一)
7 金城(中)(内川)
8 小池(左)(内川)
9 相川(捕)(鶴岡)

あたりで固定したいところです。

とにかく、開き直れよベイスターズ


2007.05.20 Sun | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
この続きがみたい!
まずはこちらを。
               

これは1991年におこなわれた「輝け日本の恥!これが学生プロレスだ!!」の第2試合である。
昨今の学生プロレスは衰退気味のようだが、この大会は後楽園ホールが会場、テレビ(確かTBSだったような)の中継もあった。
後楽園ホールでやっちゃうなんてさすがバブル終焉直後(笑)。

何で知ってるかというと、アタシがその時、この場所にいたから(笑)。
大学の先輩が出てたので観にいっていたのですよ。
ちなみにその日のラインナップはこちら。

●ブランコ・オギーソVSサンプラザ伊藤
●トヨペット営業第1課清水さんVSスーパー・ジゴロ
●コミックバトルロワイヤル
●タイガー・カネマル・シン&山田馬之助&しゃぶしゃぶVS倉品甲子園&大川“興業”橋蔵&スーパー・ゴールデン・フロム・ロシア
●レベル・ザ・スティング&ブル並松VSスーパースター花椿&遠藤豆
●Mr。ダイナマイトVS泉州小鯛
●テリー・ファックVSフラッペ高野
●肛門が切れぢ郎&モンキーマジック今井VSファイティング原田&スーパーストロング功二
●ビガ-・モリタ・パンツVS越波辰爾
●テキサス式イエスロープ無刺鉄線弱電流爆破風ストリートファイトデスマッチ
●ルイジアナ・パパ&肛門切れぢ郎VSホーガン拓郎&ウガンダタバスキー
●ファイティング原田大二郎VSスーパーストロング功二
●ヒートたけしVSCANCAN
●ブロディ竹内VSCUTY大友


ちなみに、この試合に出ているテリー・ファックとは現在のMEN’Sテイオー(一応白抜き)のことで、この当時からプロレスがうまかった。
しかしこの時点でまさかWWEにまで上ることになろうとは、本人含めて誰も思ってなかったに違いない(笑)。

ちなみにアタシの先輩は、今は某大手金属系の会社で立派にサラリーマンしてますよ、ハイ。
この試合には出てませんが、もう一人学プロ経験者の先輩がいるんですが、その方はなんと某国営放送で記者してます。
(ちなみにアタシは学プロはしてませんので念のため)

で、だ。
この大会はビデオも発売されたのだが、何せ15年以上も前の話。
とうに絶版になってしまっている。
アタシも当時録画したものなんてもっているはずがない。

誰か入手方法をご存知の方、いらっしゃったら連絡ください。


2007.05.20 Sun | 相模国NEWS | T:0 | C:0
Be a Hero!
5/19 甲子園球場
横浜 000 000 000 = 0
阪神 101 030 010 = 6

勝:杉山2勝2敗 負:土肥5勝1敗

今季2度目の完封負け、ワーストの6連敗。
唯一黒星のなかった土肥に初の黒星と同時に自身のデーゲーム不敗神話もストップ。
打線の大幅組み換えも実らず完敗です。

あれだけあった貯金もついに底をつきました。
今日も広島がお付き合いしてくれた(?)おかげでBクラス転落は免れましたけど。

もうココまできたら何も言わんよ。
トコトンまでつきあったるから、好きなようにして(笑)。
開幕に戻ったと思えば屁でもない(涙)。

今こそヒーローが出てきてほしい・・・。




2007.05.19 Sat | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
ソレデモマダチョキンハアルノダ・・・・
5/18 甲子園球場
横浜 000 000 010 = 1
阪神 010 201 000 = 4

勝:ジャン3勝2敗 S:藤川0敗11S 負:山口0敗

一時の勢いはどこへやら・・・、最悪な状態のはずの阪神に寄り切られてしまいました。
打線はつながらず、先発の頭数すら揃わなくなってきましたね。
フロントが急遽渡米して助っ投を探すようですが、それまでもつかどうか・・・。

どうもひっかかるのが、クルーンの使い方。
ホセロもそうなんですけど、負けてる試合で使う意味があるのか?。
調整の意味もあるんでしょうけど、モチベーション下がりませんかね。

どうも大矢監督は投手心理というものを無視してるようで恐い。

さてついに貯金が1になり、広島が雨で試合がなかったために4位転落は免れました。
まぁ5連敗しても借金生活に入らないというのはコレ幸い(爆)。
明日の先発が負けなしの土肥であることも幸い。
なんとか阪神戦で立て直してもらいたいところです。

ただココまできたら、開き直る手もあります。
山口、高崎、牛田といった若い選手でローテーションを再編して場数を踏ませたり、打線も若手中心に切り替えて、将来のベイ打線を育てていくのもこれまた一手。

とりあえず尚典と金城は下でミニキャンプはらせた方がいいかも。
(尚典に対しては想いもありますが断腸の思いで)

幸い巨人とも中日とも広島とも1ヶ月は直接対峙することはないのですから。

最後に一句。
交流戦早く来い来いオリックス(笑)
・・・・ハァ(>_<)。
去年の今頃を思えば全然いい位置にいるんだけど、なまじ夢見ちゃったもんだから辛いね・・・。
ベイスターズガンバレ!

2007.05.19 Sat | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:1
あぁ・・・・
5/17 草薙球場
巨人 000 110 412 = 9
横浜 001 100 202 = 6

勝:木佐貫3勝1敗 負:那須野1勝3敗

えーと、冒頭からすみませんが、今日(昨日)の試合は全く結果しか知りません。
会社の偉い方からお誘いを受けてお食事(飲み?)、楽しい時間を過ごさせて頂いておりました(この辺サラリーマンですのであしからず)。

従いまして、諸々のコメントは明日(今日)以降にさせて頂きます。

ま、言い訳させてもらうと、一応このブログはベイスターズのみのブログではないので(苦笑)、期待してた方がいらっしゃったとしたら(そんな人いるのか?)ごめんなさい。

ただ一言だけ。
今季初の同一カード3タテに4連敗です。
Aクラスの維持ですらヤバくなってきました。

でもね、考えてください。
去年は断トツの最下位でした。
戦力はたいして変わってません。
アタシ等は今年のベイスターズに過剰な期待をしていませんか?。

まだまだ復活のチャンスはあります。
勝利を信じて応援しましょう!。
・・・と半ば現実逃避に入ってますが(笑)、今こそ「なせばなる!」ですぞ。

2007.05.18 Fri | 横浜ベイスターズ | T:1 | C:1
なせば成る、なさねば成らぬ、何事も
5/16 横浜スタジアム
巨人 000 005 300 = 8
横浜 000 100 004 = 5

勝:金刃4勝 負:寺原4勝2敗

コレが実力差なんでしょうか・・・。
昨日の福田、今日の金刃と若い投手に牛耳られて、これで今季初の3連敗で3位転落です。

ハマスタWAVEで見る限り寺原は5回まではよかったですね。
しかし巨人打線は脅威だわね。
谷・小笠原がきちんと機能してますわ。

翻ってみるに我がベイスターズ。
対左打線、ヒットは出るものの散発でした。
吉村の満塁弾も時すでに遅し。
絶好調だった佐伯も今日はノーヒット・・・というよりナゼココだけ右並べないのか不思議・・・。

思うに、打線は右左関係なく固定の方がいいと思います。
その上で不振の金城をはずして小池とか、琢朗の調子が悪ければ藤田使うとか。
策に溺れてますね。

ついでにいうとホセロを休ませましょう!。
今日の場合、あのタイミングでホセロの手はどうなんでしょ。
それこそ一人一殺のいつもの継投でもよかったような・・・。

どうにもこうにもな展開ですが、ここは踏ん張りどころです。
チームはハネ立ちで静岡入り(もうついてる頃でしょう)。
明日は吉見かな?。
向こうは内海か木佐貫でしょう。
(中日戦見据えて木佐貫のような気がします)

何とか一矢報いたいところですね。

頑張れ、ベイスターズ



2007.05.17 Thu | 横浜ベイスターズ | T:1 | C:0
44歳の挑戦・・・工藤公康はまだ死なない
5/15 横浜スタジアム
巨人 000 113 000 = 5
横浜 000 000 010 = 0

勝:福田2勝0敗 負:工藤:0勝4敗

さて今季観戦2戦目は見事な完封負け、今季初ですね。
言いたいことは色々とあるんですが、その前に言っておきたいことがあります。

先発の工藤は3回まではよくしのいでいたと思います。
4回の1失点も致し方ないもの、よく1点でしのげたと思います。
結局5回1/3で5失点と、見た目今までとたいして変わらないように見えるのですが、今までよりはずっとよかったと思います。
もちろん快刀乱麻というのには程遠い、それでもそこには等身大の44歳の姿があったと思うのです。
工藤公康が必死になって投げている姿に打たれるものがあったのです。

言いたいこととはその降板時のこと。
KOされてマウンドを降りる工藤にあたたかい拍手が送られたのです。
正直、目の奥がツーンとなりました。
こういうのって現場にいないとよく分からないですよね。

なんていうんだろう、工藤さんが投げていることに対してリスペクトしてましたよね。
自分でもうまく言えません。
露悪的にいえば、門倉とプラマイゼロという言い方はできます、確かに。
でも生き様というかなんというか、ひたむきに投げている工藤さんを見ていて、アタシは勝負論をしばし忘れていました。
今はとにかく、この人に勝ち星をはやくつけてあげたいと思うばかりです。

さて、現実に戻ります(笑)。

今日は琢朗がよかったです、・・・以上(笑)。
それ以外に特筆することなし。
相変わらずつながらない打線。特に今日は主軸がことごとくブレーキでした。途中までは巨人よりヒット多かったのにね。

特に2回の金城、ノーアウト1、2塁で強攻してゲッツー。
あのシーン、皆送りバントを期待してました。
あそこで1点取れてれば展開が変わったかもしれません。

佐伯のファースト復帰もどうかと思います。
吉村をファーストで使うといったのだから、佐伯は外野で使えばよろしい。

攻撃については非常にフラストレーションが残る試合でした。
ただ一言付け加えておくと、巨人の先発の福井、いい球放ってました。
いいピッチャーになると思いますね。

明日は寺原ですかね、
何としても明日はとりたいものです・・・。


2007.05.16 Wed | 横浜ベイスターズ | T:2 | C:2
巨人戦に備えましょう!
5/13 横浜スタジアム
広島 103 100 122 =10
横浜 000 140 010 = 6

勝:林1勝 負:ホセロ2勝2敗2S

さあ火曜日からは首位攻防戦です!。
頑張りましょう!。

・・・ってなかったことにしたいんですけど、どう?(笑)。

まあ相手が黒田なんでKOしただけでも上出来でしょう。
元々予定どーり!(笑)。

先発加藤が、3回までに4失点、2番手高宮が4回を1失点ながら、4回裏に高宮のヒットを含め連打で同点にして黒田を降板に追い込みました。
欲いっておけばこの時に琢朗が送りバントをきちんと決めておけばもしかしたら逆転できたかもしれないですね。
それにしても高宮、今日が一番よかったかも。

巨人も負けたんでゲーム差は1のまま。
2勝1敗で首位が入れ替わります。
さぁ、気分を入れ替えて首位攻防戦だぁ(甘美な響きだ・・・)。



2007.05.13 Sun | 横浜ベイスターズ | T:1 | C:3
今季最大の貯金6!
5/12 横浜スタジアム
広島 000 210 000 = 3
横浜 035 000 00X = 8

勝:土肥5勝 負:佐々岡2勝3敗

今日はCSだけでなくNHKでも放送してましたね。
ナゼ中継しないTBS(笑)。

まぁ快勝です。
いうことないっしょ(余裕)。
監督いらずな試合でした。

2回は超特大の村田の先制ソロに鶴岡の2点2塁打、3回は尚典からの6連打で5点。3回で勝負ありです。

土肥は相変わらずいいんだか分からない(笑)ピッチングで6回途中3失点。
9回はまた工藤が出てくるのかと期待してたら那須野でした(笑)。

ココにきて連打が出てますね。
1・2番の出塁率が落ちてきてる(2番は元々低すぎたのですが)中、中軸以降の頑張りがすごいですね。
願わくば3タテですが、明日は黒田らしいのでまあいい(笑)。

ひょんなことから来週の巨人戦に観にいけることになりまして、今季2度目の生観戦することになりました。
調子がいい時に見れるのはいいことですね。
先発はローテ通り(って今年のベイはローテーションが読みにくいチームなんですが・・・)なら加藤なんですが明日投げるかもしれないので、その場合は工藤がくるかも。
ハマのおじさん見届けてきますか。

2007.05.12 Sat | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
山本モナ、ラジオに帰る
過去にも、山本モナという人についてはあれそれこれ何だと色々と書いてきている。
女性としての視点でなく、純粋にキャラクターに惚れた(笑)。

で、この度めでたくラジオの世界に復帰!。
といっても古巣(?)のTBSラジオではなく文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」の火曜日アシスタントとしてである。
実はこの番組、前身の「大竹まこと少年ラジオ」の帯への格上げなのだが、その頃からポッドキャスティングで配信されているものをよく聞いていたのだ。
大竹まことというTVではキレキャラな人が(最近はそうでもないけど)ラジオでは違う一面を見せているのが面白く格上げになってからも引き続き愛聴している。

でモナさん。
この火曜日の放送が、これまたはっちゃけてるのよ(笑)。
彼女の持ちコーナー「男と女の交差点」でのテーマは、「女性が(服装で)胸を見せるのはありかなしか」。
モナ節全開で(この番組平日午後なんですが・・・)、電車の中で(ポッド)聞きながら思わず顔がニヤつきましたぜ。(ほんとムチャクチャなんだから)
往年のアクセスファンにはたまらないですよ。(興味ある方はポッドキャスティングで聴くことができます)

やっぱ、この人ラジオ向き。
絶対、ラジオの山本モナは光ってる。
ぜひ頑張ってほしいものだ。
(だけど裏の「ストリーム」も聞きますがアタシの場合。だってマッピーもいいんだもん(笑)。)

2007.05.12 Sat | テレビ&ラジオ | T:0 | C:0
「ハマのおじさん」が帰ってきた!
5/11 横浜スタジアム
広島 004 000 000 = 4
横浜 010 510 10X = 8

勝:川村1勝1敗 負:大島0勝1敗

2勝4敗と負け越したロードからハマスタに戻ってきました。
ホームに帰れば「ハマスタWAVE」があるので、じっくり試合を見ることができます。
ってことで帰宅後、11時過ぎから観戦(結果は知ってるんですが)。

広島の先発の大島って誰?(笑)。
へぇ、松坂世代なんですね。
古木が先発メンバーってことは読み違えだったみたいです(笑)。

1点先制するも、先発吉見が新井に満塁アーチを浴びて4回4失点降板。
ところがその裏、村田・佐伯・吉村の3連打で1点、1死後相川のラッキーなヒットで1点、とどめは代打種田の3ランで一気に逆転。
その後も追加点を上げ8-4に。
投げては川村-ホセロとつなぎ、9回は調整登板で工藤が1ヶ月近くぶりに登板。見てる限りでは異常な汗(まあ汗っかきではありますが)と不安げな表情が印象に残りましたが、3人でピシャリとおさえたのはさすがベテランです。
これでどうやら工藤は巨人戦での先発が確定のようですね。

それにしてもベテランが元気ですね。
今のベイスターズの強さはいい具合に日替わりでこういう存在が出てくること。
結局クアトロKも復活のようだし、大矢構想とは違ってきてるけど形が出来てきました。
問題は3番金城。
まったく打てませんね。
3番尚典・4番村田・5番佐伯でいいと思うんですけどね。

それにしてもヒーローインタビュー、佐伯のボケぶり最高ですね。
さすが元祖ハマのお笑い担当(笑)。
 

2007.05.12 Sat | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
寺原よ、君こそエースだ!
5/10 神宮球場
横浜   000 010 011 = 3
ヤクルト 100 000 000 = 1

勝:寺原4勝1敗 負:藤井3勝4敗

今日もニュースとネット情報のみ。
どうにもこうにもお天気と一緒で暗雲が垂れ込めていた雰囲気を、見事に払ってくれました。
寺原、お見事な完投勝利です。

何度も書いてますが、寺原と仁志がいなければ今年のベイスターズはありえません。
ハマスタで観戦した時も寺原先発だったのですが、彼は雰囲気持った選手ですね。観ていて小気味よいくらいテンポよかったし、今年に限ってはエースといって過言じゃないでしょう。

今日も5回の同点打に、9回は仁志のダメ押しタイムリーを呼び込むヒットを打ってます。
何より長いイニングを投げられる、コレがすばらしい!。
これなら継投の采配ミスも起こりませんから(爆)。

これで2カード連続負け越しですがそれぞれ最後に勝ってるのは大きいですね、3タテくらうとそのままいっちゃいますから>ベイの伝統?。

さて今日は巨人が負けて(というか阪神がようやく勝って)ゲーム差も2に。
明日からはハマスタで広島戦です。
最近のカープは要注意ですが、黒田は投げませんので(笑)何とか勝ち越したいところです。

2007.05.11 Fri | 横浜ベイスターズ | T:2 | C:0
犬に罪はないのに・・・・
先ほどニュース番組「ZERO」を視ていて頭にきたニュースがあった。
放し飼い 大型犬6頭を押収 無登録の疑い(毎日新聞)

放し飼い 大型犬6頭を押収 無登録の疑い 尾張旭市
5月10日17時5分配信 毎日新聞

愛知県尾張旭市で放し飼いの大型犬が散歩中の主婦(33)を襲い、けがを負わせた事件で、県警瀬戸、守山両署は10日、狂犬病予防法違反(無登録、予防注射の未実施)の疑いで、犬が飼育されている同県瀬戸市東山町の元コンビニエンスストアを家宅捜索し、犬6頭を押収した。県警は過失傷害の疑いもあるとみて、飼い主の男(39)から事情を聴いている。
 午前9時40分過ぎ、捜査員約10人に伴われ、元コンビニ近くに住む、飼い主と見られる男が店内に入った。この後、県動物保護管理センター(同県豊田市)のワゴン車2台が駐車場に止められ、ロープでつながれた体長1メートル以上の大型狩猟犬「グレートデン」とみられる6頭が次々と車に乗せられた。暴れたり、ほえる犬もいたが、約30分間で全頭が収容された。
 現場は報道陣や近所の住民が多く集まり、騒然とした空気に包まれた。近くに住む主婦(77)は「悪臭がしたり、大きな犬がうろついて怖かったが、ようやく安心出来ます」。また、別の主婦(25)は「犬には罪がない。狭い場所でストレスがたまっているのだろう。近寄るだけで怖かった。きちんと飼ってほしい」などと話した。
 犬は瀬戸署に運ばれ、同署は先月25日に瀬戸市川平町の県労働者研修センターに現れた際に撮影された犬の写真と照合するなどして、主婦を襲ったのと同じ犬か確認する方針。



この大型犬とはグレートデンのことだそうだ。

グレートデン
ドイツで野生のイノシシ狩りに用いられていた犬にグレー・ハウンドの血を加え固定された犬種で、始祖犬はチベタン・マスティフと考えられている。
威厳のあるたくましいボディに、優美でしなやかな動きを持つ巨大犬種である。
グレート・デンは全犬種中、最も体高が高く、均整がとれていれば体格に上限はなく、大きいほど望ましいとされている。
人に対する親和性が高く、温和で扱いやすい犬種でトレーニングにも困難な点は無いが、この巨大な犬種にふさわしい飼育環境の確保は必須である。



体高は1mくらいになるので確かに巨大な犬だけど、非常におとなしい犬でもある。
ただ飼育環境はある程度のスペースが必要なのは間違いない。
このグレートデンをアパートで6頭飼うというのは無茶な話である。
そんなところに閉じ込められているから、ストレスがたまったのだろう。
はっきりいえばこの男に犬を飼う資格はない!。
当人は否定しているようだが、目立つ犬種なだけにほぼ間違いないだろう。
狂犬病の予防接種もしてなかったというから、あきれてものも言えない。

ただ心配なのは、この6頭の犬の行く末である。
こういう場合、殺処分にされてしまうことが多い。
20070511000827.jpg

かわいらしい犬じゃないですか。
できればちゃんと飼ってくれる飼い主さんが現れてほしいものだが・・・。



2007.05.11 Fri | 多事暴論 | T:0 | C:0
ウルトラ関連2題
メビウス放映終了からはや1ヶ月が過ぎました。
youtubeでは過去の映像がドンドン見れなくなってきてるし、DVDはまだ借りれる状態じゃないのでストレスがたまるのよね(笑)。

そんな時にオススメなのがこの2つ。

ひとつめはULTRA KINGDOM
プロ漫画家の村松麻由さんのブログ。
メビウスネタの4コママンガが笑えます。
ご本人は「零細漫画家」などとおっしゃってますが、絵もかわいらしくてアタシは好きです。
こういうのって「特撮エース」とかで連載できそうな気がするのだけど・・・。(ご本人は商売にしたくないのかもしれませんが)

ふたつめは今日も特訓だ! 宇宙警備隊員養成所【光の国のウルトラマンメビウス】
こちらは2ちゃんねるの特撮スレで書かれたメビウスのパロディを抜粋して連載してます。
ウルトラシリーズにどっぷりつかった人じゃないと分からないディープなネタからハートウォーミングなネタまでたくさん。
メビウスファンならハマれます。

ココのネタを村松さんが書き起こせばすごいことになるのになぁ・・・などと素人ながら思いました。
ぜひ一度ご覧あれ。

2007.05.10 Thu | ウルトラマンメビウス | T:0 | C:0
投壊状態・・・
5/9 神宮球場

横浜   100 010 002 = 4
ヤクルト 002 110 06x = 10

勝:松岡1勝 負:三浦2勝4敗

言葉に出来ません・・・。
貯金週間ともくろんでたのに蓋を開ければ連敗です。
しかもコチラはエース、アチラはローテの谷間。
スコア逆じゃね、普通。

投手陣はといえば、三浦が4回4失点、しかもわき腹痛めて降板。
自身のブログによると

「肋間筋硬縮」で2~3日、様子をみてからになりそうです。


ですって・・・(>_<)。
そこから先の継投の采配は全くもって理解に苦しみます。
川村が1回1失点、なすのが2回を無失点に抑えたと思ったら、
3番手高宮は8回先頭打者に四球を与えて交代、吉川が炎上で6失点でジ・エンド。
なぜあそこで高宮なのか。
今までも彼は機能してなかったし、高宮を使う気持ちが分かりません。
そして四球の後、木塚ではなくなぜ吉川なのか。
投手起用が行き当たりばったりとしか思えません。

ベイスターズの投手陣で規定投球回数に達しているのは、三浦と寺原だけ。(正直驚いた)
それだけ中継ぎ陣に負担がかかっているということ。
中継ぎ陣の再整備が急務です。
クアトロKの復活しかないよね。

こうやってみると牛島前監督が如何にパターン作ってきたかがよく分かります。
権藤監督の時も然り、中継ぎ陣整備こそ立ち直りの鍵なのです。

打線は10安打を打つも、相変わらずの効率の悪さ。
9回も徹底して左には右を当ててますが、右左にこだわり過ぎではないかね。

なんかいやな予感がしてきましたよ・・・。


2007.05.10 Thu | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
W(ダブルユー)って似たようなもん?
ネットをみてビックリしたのがこの記事だった。

辻希美杉浦太陽の結婚を両者事務所が正式発表
一部スポーツ誌で“妊娠&結婚”と報じられた元モーニング娘。の辻希美と俳優の杉浦太陽について、両者所属事務所が8日夜、「この度、俳優 杉浦太陽(26)と歌手 辻希美(19)は、結婚することになりました」と報道を正式に認めるコメントを発表した。
 体調を崩して4月下旬からの仕事を降板&キャンセルしていた辻は、5月中の再検査で妊娠の兆候が認められ現在、妊娠9週目。「体調を見る限り安静は必要」という医師の診断により、今後の活動を休業する。先月24日に結成報告を行ったばかりの新ユニット“ギャルル”も脱退を申し入れており、TVアニメ『ロビーとケロビー』のアテナ役は代役を立てる方向で調整中という。



どうも「辻希美杉浦太陽」と書かれることに違和感を感じるのはアタシがウルトラファンだからだろうかね(笑)。
ウルトラマンコスモス」で主役の春野ムサシを好演した杉浦くん、生来のベビーフェイスだけになかなか役のイメージがつきにくいのだろうが、こんなところで名前売っちゃいました。

それにしても出来ちゃった結婚で仕事降板ってのはどうなのか。
本人の自覚の問題ってあるような気がするのはアタシだけか。
法律違反かそうでないかの違いはあるけど、これじゃ加護亜衣と大して変わらんのじゃないかね。
ま、めでたい事ではあるんで、毒吐きはこのくらいで(笑)。

それにしてもムサシが親になっちゃうんだねぇ・・・(違)。

2007.05.09 Wed | テレビ&ラジオ | T:1 | C:0
ピッチャー使いすぎなんだって!
5/8 神宮球場
横浜 301 000 010 = 5
中日 003 100 03X = 3
勝:遠藤 2勝0敗0S S:高津 0勝1敗6S 負:ホセロ 2勝1敗2S


今日の試合は観てないのでスポーツニュースとネット情報のみからになります。
今節は神宮でのヤクルト3連戦、ハマスタでの広島3連戦になります。
出来れば下位球団からは取りこぼししたくないところ。

携帯から途中経過で5-4だったので安心してたんですわ。
で帰宅後確認したら逆転負け。

ホセロは今日も2回1/3を投げてますね。
ホームラン打ったから気持ちは切れてないと思いますが、明らかに使いすぎ。
何度もいってますけどホントに壊れるよ。
クルーンを8回から投入するというのもどうかと思いますね。

最終回を待たずにクルーンを投入したことについて、大矢監督は「得点圏まで走者がいったらクルーンと言ってあった。彼に負担を掛けてしまった」と話した。


だったら使いなさんなって感じ。

加藤は先発はあきらめましょう。
中継ぎの方がいいかも、ですね。

今まで大矢監督の早めの継投策が功を奏していたけれど、中継陣酷使しすぎです。
打線がこんな調子なので仕方がない部分もありますが、中継ローテ作るなり1人1イニングまかせるなりしないともちませんぜ。
マジで善処をのぞみます。

そんな中で明るいニュース。

工藤が1軍復帰=プロ野球・横浜(時事通信)5月8日(火) 22時46分
 不調のため2軍で調整を続けていた横浜の工藤公康投手が8日、出場選手登録された。26年目の同投手は4月15日の阪神戦(甲子園)で、1回持たずに7失点するなど開幕から3連敗。防御率も14.40と結果を残せずに同16日に一軍登録を抹消された。


ようやっと帰ってきてくれました。
今度はナイターになるだろうし、万全の体勢で臨んでほしいものです。
期待してまっせ、マジで。

ちょっと待て、後に続きがあるぞ。

 また、牛田成樹投手が7日に急性大腸炎のため、横浜市内の病院に入院。退院まで2週間程度かかるため、工藤と入れ替わりで出場選手登録を抹消された


なになに、牛くん急性大腸炎だって。
退院まで2週間ってことはほぼ1ヶ月絶望じゃないですか・・・。
そんなに長い間抜けられるのは痛いですね。
阿波踊りがみれないじゃん(笑)。
こちらもキチッと直して戻ってきてもらいたいもんです。

2007.05.09 Wed | 横浜ベイスターズ | T:0 | C:0
星野JAPAN1次選考メンバー発表
星野JAPANが北京五輪の第1次選考60人を発表した。
<投手=29名>
ダルビッシュ 有(北海道日本ハム)
武田 久(北海道日本ハム)
八木 智哉(北海道日本ハム)
MICHEAL(北海道日本ハム)
西口 文也(西武)
小野寺 力(西武)
涌井 秀章(西武)
馬原 孝浩(福岡ソフトバンク)
新垣 渚(福岡ソフトバンク)
和田 毅(福岡ソフトバンク)
杉内 俊哉(福岡ソフトバンク)
薮田 安彦(千葉ロッテ)
渡辺 俊介(千葉ロッテ)
小林 宏之(千葉ロッテ)
田中 将大(東北楽天)
青山 浩二(東北楽天)
川上 憲伸(中日)
岡本 真也(中日)
岩瀬 仁紀(中日)
藤川 球児(阪神)
林 昌範(巨人)
上原 浩治(巨人)
高橋 尚成(巨人)
内海 哲也(巨人)
金刃 憲人(巨人)
黒田 博樹(広島)
大竹 寛(広島)
那須野 巧(横浜)
木塚 敦志(横浜)


<捕手=5名>
里崎 智也(千葉ロッテ)
谷繁 元信(中日)
矢野 輝弘(阪神)
阿部 慎之助(巨人)
相川 亮二(横浜)

<内野手=15名>
中島 裕之(西武)
松中 信彦(福岡ソフトバンク)
TSUYOSHI(千葉ロッテ)
今江 敏晃(千葉ロッテ)
北川 博敏(オリックス)
荒木 雅博(中日)
井端 弘和(中日)
鳥谷 敬(阪神)
今岡 誠(阪神)
宮本 慎也(東京ヤクルト)
小笠原 道大(巨人)
二岡 智宏(巨人)
梵 英心(広島)
新井 貴浩(広島)
村田 修一(横浜)

<外野手=11名>
稲葉 篤紀(北海道日本ハム)
和田 一浩(西武)
多村 仁(福岡ソフトバンク)
大村 直之(福岡ソフトバンク)
村松 有人(オリックス)
礒部 公一(東北楽天)
鉄平(東北楽天)
福留 孝介(中日)
青木 宣親(東京ヤクルト)
谷 佳知(巨人)
高橋 由伸(巨人)

横浜からは4人。
今回の選考は割と順当といえば順当だろうか。
星野監督の好みが結構出てるような気がします。
阪神から少ないのは気のせいか(笑)。
最多がソフトバンクの7人、多いやね。
これがまた粒ぞろいときた日にゃ来年のソフトバンクのVはないね。
「怪我人からは選ばない」と言ってる割には多村も入ってますね(笑)。
最少はオリックスの2人、北川と村松・・・ってこれでいいのか?っていうかどう考えても義理だ(笑)。
この2人のほかに以外だったのが金刃と青山。
青山は義理にしても(笑)、巨人の選考メンバーは多いのに金刃ってのは何でだろうね。

さて、我がベイのメンバーだがこれまた順当なところだろう。
守備重視ならば我がベイの外野陣は選考対象外だろうし(笑)、ピッチャーの2人は先発に安定した人間がいない事実を物語ってます(笑×2)。
多分、絞り込む段階で木塚・那須野の2人は落ちるんだろうし(爆)。
確定っぽいのはWBCでも選ばれた相川と、村田くらいか。

でもこのメンバーなら誰が選ばれてもドリームチームになりそうですね。
っていうか日ハムとソフトバンク、ピッチャーよすぎだって。

2007.05.08 Tue | 野球 | T:1 | C:0
いやはや凄い曲だ(笑)
ベイスターズが負けると書くことないので(笑)、youtube探検してました。

最近名前を知ったこの方。
川内康範氏はこんな曲も作ってました。

知る人ぞ知る曲「死ね死ね団のテーマ」です。
「愛の戦士レインボーマン」の中の挿入歌ですかね(リアルタイムでは観ていませんので)。

とても「おふくろさん」書いたのと同じ人とは思えません(笑)。
御年87歳ですか。
wiki見ると面白そうな(というか危ないというか)方ですね。
おふくろさん」問題も著作権の勉強になりました。

あんまり書くと差し止めくらいそうなので(笑)この辺で。

2007.05.07 Mon | ひとりごと | T:0 | C:0
次のページ
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。