Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
柔道が柔道らしくあるために
男子の内柴選手に続いて、女子も待望の金メダルを獲得した柔道。
女子63キロ級で谷本が「金」 日本柔道5人目の連覇

当然ながら五輪の連覇を成し遂げた谷本選手はすごいのだが、何より素晴らしかったのはその勝ち方にあったと思う。

その前に前置きを述べさせていただく。
柔道に関してアタシは専門家ではない。
ただテレビで観る限り、ブラウン管(実際は液晶なんですけど(笑)。イメージの問題だね)の中の柔道は昔見ていた柔道とは違って見えた。

組み手をとりあうというよりも、とらせないことに力点がおかれた試合スタイル。
当然組み手は浅くなるので、投げ技などは決まりにくくなる。
選手はかかりもしない技をかけ続け、攻めてるほうがポイントをとっていく。
何かレスリングみたいだ。(別にレスリングが悪いといってる訳ではないが)
何か柔道の醍醐味が失われたような気がしてならなかった。

谷選手の試合も、本来の小気味よい一本を獲るリズムにならなかったのが敗因(といっても5大会連続出場だけでも偉業なのにメダルをとるなんてまさに前人未到でしょう)はだろうし、内柴選手の試合も、そういう意味では昔の柔道ではなかった。
(もっとも彼が世界の潮流に順応したという意味では、彼の適応能力はすばらしいと思うんですよ。)

で冒頭の話に戻ると、谷本選手の優勝後のインタビュー中の「一本柔道をめざしてやってきたので・・・」にもあるように、まさに日本伝統の柔道ともいうべきオール一本勝ちでの金メダル(しかもアテネでもオール一本勝ち)は、世界の流れに逆行した形なのである。
そしてそれは観ていてスカッとする柔道だった。

この金メダル、ただの金以上の価値があるとアタシは思っている。



スポンサーサイト
2008.08.13 Wed | スポーツ一般 | T:0 | C:0
テレビの世界じゃスポーツもバラエティーも一緒さ
アタシが応援している人の一人に山本モナさんがいる。
バラエティーに引っ張りだこで、どうやら一時のバッシング一辺倒から脱却して今や風が吹いているとさえいえる。

でもこの発言はいただけなかった。
彼女の出演番組である「大竹まことゴールデンラジオ」オープニングでの発言である。
文化放送 大竹まことゴールデンラジオ
(ちなみにこの発言はポッドキャスティングでも聞けます。興味のある方は聞いてみてください)

彼女の発言を書き起こしてみる。

(亀田一家の処分のニュースを受けて)
・「(大竹の「スポーツなのかエンターテイメントかハッキリさせろ」という発言の後に)ボクシングはスポーツですよ。エンターテイメントじゃない。プロレスじゃないもん。」
・「他の局だって色々なスポーツを中継してますよ。どこの局もちゃんとスポーツとして、スポーツをリスペクトしてスポーツをみせているでしょ。でもTBSのこの番組はスポーツとして見せてない。ただしTBSに対してはうらみはないですよ。」
・「私はスポーツが大好きだから言ってるんだよ。」
・「(視聴率の話について)地上波で中継しなければいい。そんな演出をしてまでスポーツを中継する必要はない。(大竹まことが「でもバラエティーだって視聴率獲らなきゃダメでしょ」との発言に)バラエティーはね、でもスポーツは違う」


いくつかは納得できる部分もあるし、気持ち的には分からなくもないのだが、彼女は根本的に考え違いをしているのだ。

まず考えてみよう。
なぜテレビ局がスポーツを中継するのかを。
それは「視聴率がとれるから」以外の何者でもない。
視聴率が取れないスポーツを中継するのはNHKくらいのものである。
そして番組というコンテンツにのった以上、レーティングの結果に左右されるのはバラエティーもスポーツ中継も一緒なのである。
したがって局側は視聴率を上げるための小細工をすることになるのだ。

翻ってボクシング業界の話。
ボクシングはスポーツ、当然である(あくまでも建前論だが)。
でもその前に「プロ」がつくと話が変わる。
興行であり、ショービジネスであり、経済活動なのである。
そして大半のボクシング関係者は金銭面で恵まれていない。
亀田一家など使わずともゴールデンタイムで中継してくれて放映権料がガッポリ入り、両国や有明クラスに満員御礼がつけばいい。
しかし現実はどうか。
通常の興行は後楽園ホール、中継は深夜。
チャンピオンの内藤にしたってアルバイトしていたのだ。
そもそも「リスペクト」云々以前の話である。
経済活動としてボクシングはそういう評価しかされていないのだ。

一説によると亀田以前は協会の金庫には金がなかったという。
それが亀田以後には余剰金が出るまでになった。
つまり亀田一家は経済活動として、ボクシング業界に多大な貢献をしたのは間違いがないのだ。(もちろん功罪では罪の方が多いが)

どのスポーツだって地上波で中継してほしい。
それが競技の裾野を広げることにつながるし、ぶっちゃけ潤うからだ。
でも大半の競技は中継されていない。そして貧乏である。

かくしてスポーツのエンタメ化がはじまっていくのだ。
それは視聴率がほしい局側と、金がほしい競技側の利害が一致した時に起こる。
高校バレーでジャニーズが歌い、世界陸上で織田裕二がわめき、プロ野球中継にその後放映されるドラマの出演者がゲストに出る。
全てが視聴率(最後は番宣だが)とりたいがためである。
そういうことが分からずして亀田問題で業界人が「スポーツ冒涜」などと軽々しくいってはいけないと思うのだ。
モナ嬢はボクシングの興行に自腹を切っていったことがあるのか。
「ボクシングが好き」などといっておいて、いったことがない人間がそういう発言をすること自体が欺瞞だと思うのだが、どうだろうか。

でもこういう暴論を吐くモナ嬢はキライじゃないけどね、面白いし(笑)。

最後に当日の発言でぶっ飛んだ発言があったので再録。

・「(大竹発言「スポーツとセックスは違うんだよ」を受けて)
「知ってますよ。でもスポーツの要素も若干あるけどね」


やっぱり山本モナは素晴らしい(笑)。

2007.10.21 Sun | スポーツ一般 | T:0 | C:0
浅井慎平が好きになりました(笑)
残念ながらアタシは生で見ていないのでニュースから。
亀田反則 浅井氏「世間も反省を」 TBS番組(イザ!より)

14日午前放映のTBS系情報番組「サンデーモーニング」に出演した“親分”こと大沢啓二氏は、WBC世界戦で反則を繰り返し大差で王者・内藤大助に敗れた亀田兄弟の二男、大毅に「喝」を加えた。
 スポーツトピックを「喝」と「アッパレ」で評価する同番組で、大沢親分は「プロレスじゃない。マナーってもんがある。チャンピオンだから内藤は」と「ゴキブリ」などと内藤を挑発した亀田大を批判。張本勲氏も「喝」の札を挙げて「初めてみた。しらけた。経験不足とかではない」と亀田を批判。両氏とも内藤には「アッパレ」を与えた。
 さらに、同番組のコメンテーターで写真家の浅井慎平氏は「ボクシングへの冒涜(ぼうとく)だ。ひどいなと思う。プロレスに行けといわれているが、プロレスに対しても失礼」と手厳しく批判。亀田戦のテレビ中継を独占的に行い、「亀田寄り」とも批判されてきたTBSの番組中にもかかわらず、「あれだけ持ち上げていた世間も、反省してほしい」と批判した。


生で見てたら拍手だったろうなぁ(笑)。
浅井氏に「アッパレ」あげたいものだ。
アタシの予想通り「プロレスにいけ」という分かっちゃいない文化人が雨後筍の如く出てきたのに対して、氏の発言はちゃんと本質を分かっているからこその発言だと思う。
もういい加減に「プロレス」をネガティブに引き合いに出すのはやめていただきたいものだ。


2007.10.14 Sun | スポーツ一般 | T:0 | C:0
亀田家は言語変換機能が壊れてるよ(^^ゞ
2日連続で亀田一家ネタになってしまうが、もはやこの一家には日本語さえ理解する能力がないとみえる。

11ラウンド終了後のインターバル中に、オヤジがいった言葉。
「玉(急所)打ってまえ」
同じくアニキがいった言葉。
「ヒジでいいから目に入れろ」

伝えられている言葉が真実ならば、もはやこの一家はボクシングというスポーツを理解していないとしか言いようがない。

しかもこの言葉に対して、アニキが釈明のコメントを出したのだが・・・。

またセコンドに入った兄で前世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンの興毅選手もコメント。テレビ放映で「肘で目をやれ」などの指示を大毅選手に出したことが映されたことについては、「発言が誤解されているみたいやけど、あれは亀田家のボクシング用語で誤解されているようなもんやない」としたうえで、「あれはヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えという意味。亀田スタイルの基本」と解説した。(産経新聞記事より抜粋)



はぁぁ?。

「ヒジでいいから目に入れろ」にしろ「ヒジで目をやれ」にしろ、字面から読み取れることは「ヒジで目に入れろ」ということでしかないでしょうに(笑)。
どこをどう解釈すればそういう意味になるんだか。
ボクシングのやりすぎ(?)で脳内の言語中枢に異常をきたしているとしか思えんよ。
しかもボクシングの用語ではなくケンカの用語としか思えない。

もはや彼らにつける薬はない。
ボクシング界に自浄作用があるならば、キッチリとケジメをつけるべきである。


2007.10.14 Sun | スポーツ一般 | T:0 | C:0
絶対こう言う文化人が出る
「(亀田大毅)はプロレスにでもいけばいい」
ホントは亀田ネタなんか触れたくもないのだが、プロレスファンとして一言言っておかねばならないと思い書くことにした。

多分、明日のワイドショーなんかでコメンテーターが間違いなくこの種の発言をするに違いない。今の内に予言しておきたい(笑)。

はっきりいっていい迷惑である!。

まあ12Rは間違いなくボクシングを冒涜するようなファイトであったことは確かだ。
あれをみていたボクシング協会のお偉方は亀田一家に対して処分をも考えるべきだろうし、あれ見てまとめるような発言をしたならば天に向かって唾するようなものだ。

で、あれをプロレスと同一視されたらこっち側としてはたまったものではない。
あんな無様な格好、プロレスではありえない。
プロレスは一種の芸術である。
あんな幼稚な形でしか自分を表現できない人間なんてプロレスなんてできっこないのだ。
(まあ一部には自殺未遂なんてする無粋なプロレスラーもいるにはいるのだが(笑)。コッチにも困ったもんであるが。)

それにしても、試合前には「負けたら切腹」なんて威勢のいいことを言っていたはずだが、亀田陣営はどうやって落とし前つけるんだろうね。
明日のみのもんたのコメントが今から楽しみですよ(笑)。




2007.10.12 Fri | スポーツ一般 | T:0 | C:0
次のページ
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。