Yahooニュース

FC2カウンター
プロフィール

マサやん

Author:マサやん
ベイスターズとプロレス、パチンコと時代小説をこよなく愛す30代独身男。
酒とお菓子に関する薀蓄には定評がある?。
好きな言葉は「人間万事塞翁が馬」

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
北方水滸伝読了
水滸伝 (19)  旌旗の章 (集英社文庫 き 3-62)水滸伝 (19) 旌旗の章 (集英社文庫 き 3-62)
(2008/04/18)
北方 謙三

商品詳細を見る


4月発刊の19巻で完結した文庫版の『北方水滸伝』。
毎月1巻ずつの刊行だったので1年半以上の長きに渡って読み続けたことになる。
(といっても実際には1日で読み終わってしまい、気を長くして待っていたというのがホントのところ)

アタシは北方謙三のハードボイルドは好きではなくほとんど読んだこともない。
が、氏の歴史小説については完全読破するほどの熱烈的ファンなのだ。
『破軍の星』に始まる一連の南北朝もの。
敵味方が入れ替わるドロドロの様相を呈していた南北朝時代。
避けられぬ運命に命を賭して抗う男たちの生き様。そして滅びの美学・・・。
これを読んでしまったら、なまじっかの歴史小説は読めなくなりますよ、マジで。

そして打って変わって中国もの、しかも長編。
北方版としては『三国志』についで2作目となる。
『三国志』がポピュラーな題材なのと対照的に、『水滸伝』は名前はメジャーでも内容についてはあまり知られていない。
アタシも『三国志』題材の小説は色々と読んできたが、『水滸伝』は北方版ではじめて読んだ。
で、あまりの面白さに原典に近い小説を読んでみたのだ・・・。

あまりにも面白くないのよ・・・コレが(笑)。
っていうか全然別物としか思えなかった。

それにしても何でこんな面白くない小説があんなにダイナミックに変わるのか?。
氏の大胆な創作が物語に新たな命を吹き込んだとしかいいようがない。

現在ハードカバー版で刊行中の『楊令伝』は『水滸伝』の直接の続編だそうだ。
文庫化はハードカバーが刊行し終わってからというから数年先のことになる。
うー待ちきれない。




スポンサーサイト
2008.05.30 Fri | | T:0 | C:0
全ての犬好きに薦めたい本
封印された鍵―名犬フーバーの事件簿〈2〉 封印された鍵―名犬フーバーの事件簿〈2〉
笠原 靖 (2005/08)
光文社

この商品の詳細を見る


久々、現代物で読んでて楽しかったです。
といいつつ実はこの本読んでないんです(笑)。
読んだのはこのシリーズ第1弾「名犬フーバーの事件簿」の方。
(この本アマゾンのリンク貼ろうにも表紙の画像が無いのよ、でこっち。)

会社からの帰り道、最寄り駅の本屋で大量に平積みされてまして、新刊かとおもったらそうではない。
ふーんと思いつつ興味本位で購入。



・・・一気に読んじゃいました。
少々ご都合主義なところがあるのは否めませんが、全編に犬に対する愛情が溢れてます。

現実を翻ってみるに、昨年の広島ドッグパークの騒動でペットも絡む利権があるということを知り、そして犬たちを取り巻く環境もドロドロとした人間模様の中でゆがんでいく・・・みたいなのを目の当たりにしちゃったんでねぇ・・・。
そしていつも不幸になるのは犬なのだから。
そんなことも考えさせられます。

フーバーは主人公が飼っている犬の名前、クーパーズという珍しい犬種です。ネットで写真見ましたが、ピレネー犬(グレート・ピレネーズ)の近似種のようですね。若干体毛が短いような気もするけど。
20070408213052.jpg

そして主人公は警視庁捜査1課の元課長にして名エキストラという人生のセカンドステージを迎えたシルバーエイジ。
そういう意味では同世代の方に向けたメッセージも含まれているような気もしますね。

今、シリーズは3冊まで出ているようで現在入手中ですが、犬好きな方にはたまらない1冊となると思います。

2007.04.09 Mon | | T:0 | C:0
超私的な歴史小説 ~北方謙三作品~
アタシはマンガだけでなく、本自体も読むほうだと思う。
文庫本など2,3時間で読んでしまうほど。
ほとんど乱読気味である。

で最近はもっぱら歴史小説が圧倒的に多い。
司馬遼太郎から池波正太郎、藤沢周平、柴田錬三郎、山本周五郎・・・。
で、実は司馬系作品よりも最近はもっぱら時代小説のほうが好みである。
最近だと隆慶一郎氏の作品群がお気に入りだった。

そして今、お気に入りなのが北方時代物なのである。
実は彼のハードボイルド作品って1冊も読んだことがない。
それどころか村上龍と並んで好きではない作家だったのだ。
(この2人に関してはまったくの読まず嫌いである)

そんなアタシが虜になった最初の作品がコレ。
武王の門〈上〉 武王の門〈上〉
北方 謙三 (1993/08)
新潮社

この商品の詳細を見る

九州に渡った後醍醐帝の皇子である懐良親王と菊池党が足利方と戦を重ねて九州を制圧する一歩手前までいくのだが・・・というお話。

この後、彼は南北朝物で秀作を連発する。

そして、彼のフィールドは中国大陸へと広がっていくのである。
三国志 (1の巻) 三国志 (1の巻)
北方 謙三 (2001/06)
角川春樹事務所

この商品の詳細を見る

色々な作家の三国志を読んだが、これほどまでに夢中になれる作品はなかった。
先人がほとんど書き尽くしているといってもいい題材をここまで生き生きと描ける筆力たるやすばらしいものがある。
現在は、「水滸伝」が文庫版で毎月刊行され、「楊家伝」の続編の連載が始まっているが相変わらずの迫力と人物像のシャープさがアタシを魅了して離さないのだ。

2007.03.17 Sat | | T:1 | C:0
超私的なマンガ夜話 最終日
サード・ガール 4 サード・ガール 4
西村 しのぶ (2007/01/27)
小池書院

この商品の詳細を見る


さて5夜にわたってお送りした(笑)超私的マンガ夜話。
最終日は何にしようか迷ったんですよ。
外科医当麻鉄彦メスよ輝け!! (Karte 15) 外科医当麻鉄彦メスよ輝け!! (Karte 15)
高山 路爛、やまだ 哲太 他 (1998/12)
ホーム社

この商品の詳細を見る

この作品も結構好きだったし、今の「医龍」の先駆けのような作品でした。
いとしのエリー 11 (11) いとしのエリー 11 (11)
高見 まこ (1994/04)
集英社

この商品の詳細を見る

この作品も好き。
なんか感情移入できる作品でした。
あとは「やっぱり猫が好き」とか「わたしの沖田くん」とかも好きだったなぁ・・・。
こうやってみると昔のBJやYJって結構個人的に好きな作品が多いのね。

で冒頭の「サード・ガール」、コレがナゼ好きだったかというと・・・何でなんでしょうねぇ・・・、自分でも分からないや(笑)。
ストーリーとしてはありふれた(?)ラブコメだったりするし、はっきりいってこの作品って未完だし。
ひとつ思いつくのが、神戸は芦屋という未知の世界を疑似体験できたからかな・・・なんて感じがしてます。
西村しのぶ氏、この人一時ビッグコミックスピリッツとかにも連載してていよいよブレークか?・・・なんて思ってたらいつの間にやら尻すぼみ・・・頑張ってほしい漫画家さんなんですが。


2007.03.16 Fri | | T:0 | C:0
超私的なマンガ夜話 4日目
仮面ライダーSPIRITS 9 仮面ライダーSPIRITS 9
石ノ森 章太郎 (2006/05/23)
講談社

この商品の詳細を見る


さて第4夜になります「超私的マンガ夜話」、今回のオススメ作品はコレです。
理由?、簡単です。

カッコいいからさ!

平成の仮面ライダーってクウガ・アギトくらいしか知らないし、その両作品とも詳しくはしらないんですよ。
でも昭和のライダーは話が別、ウルトラマンと並んで手に汗握って観る番組だった訳です。
で、この作品には原作に対する溢れんばかりの愛がある。

ZXという仇花のようなキャラクターを縦軸に歴代のライダーが所狭しと活躍するこの作品、見ないではおれようか(笑)。

あと、村枝氏の画力があっての作品であることは間違いないですね。
別の方がキカイダーのオマージュ的作品を書いてますが、アレは絵が嫌いだもん。

ついでに、
ザ・ウルトラマン (4) ザ・ウルトラマン (4)
内山 まもる (1998/06)
小学館

この商品の詳細を見る


昔の学年誌に載っていた作品です。
ウルトラマンのコミカライズも色々な方が書いてますが、その中でも一番だと思います。
内山まもる氏の絵って不思議とウルトラマンにあうのね。
中身的にはかなりトンデモな部分もありますが、円谷公式にない設定って全部コレで覚えたもんだ(笑)。

2007.03.15 Thu | | T:0 | C:0
次のページ
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バーチャル熱帯魚

やわらか戦車

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。